『スカーレット』第61回 喜美子を抱き寄せた八郎 常治に殴り飛ばされ…

12月9日(月)7時26分 マイナビニュース

女優の戸田恵梨香がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『スカーレット』(毎週月〜土曜8:00〜)の第61回が、きょう9日に放送される。

101作目の“朝ドラ”となる同作は、焼き物の里である滋賀・信楽の女性陶芸家・川原喜美子が主人公。ものを作り出す情熱と喜びを糧に、失敗や挫折にめげずに生きていく姿を描く。12月9日〜14日は、第11週「夢は一緒に」を放送する。

八郎(松下洸平)に精一杯の思いを伝えた喜美子(戸田恵梨香)。しかし抱き寄せられたところを常治(北村一輝)に目撃され、怒った常治が八郎を殴り飛ばしてしまう。喜美子は懸命に八郎への思いや陶芸のことを説明しようとするが、常治はまともに話を聞いてくれない。すると信作(林遣都)の手引きで、喜美子は八郎の住まいを訪ねることに。真面目な八郎は、喜美子のことを真剣に考えているが故、喜美子を帰そうとして言い合いに…。

(C)NHK

マイナビニュース

「スカーレット」をもっと詳しく

「スカーレット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ