『ゾンビランドサガ』伊万里湾大花火2019「特別ステージ」イベントレポ

12月9日(月)8時0分 マイナビニュース

「Cygames presents 伊万里湾大花火2019」が11月16日、佐賀県・伊万里市にて開催され、TVアニメ『ゾンビランドサガ』より田野アサミ、衣川里佳がステージイベントに出演。さらに「徒花ネクロマンシー」と「佐賀事変」に合わせたコラボ花火が打ちあがった。

『ゾンビランドサガ』は「ゾンビとなった伝説の少女たちが、アイドルとなり、佐賀県を救う!?」という新感覚ゾンビアイドル系アニメ。メインキャストは宮野真守、本渡楓、田野アサミ、種田梨沙、河瀬茉希、衣川里佳、田中美海、三石琴乃。2018年10月〜12月に放送された本作は大きな話題を呼び、アニメ総選挙2018年間大賞やアニメアワード作品賞(TVアニメ部門)など数々の賞を受賞。舞台となった佐賀県には多くのファンが詰めかける話題作で、2019年7月に開催された「ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュみんなでおらぼう!〜 in SAGA」では佐賀県唐津市の本会場とライブビューイングで計1万2千人以上が来場した。また、TVシリーズの続篇となる『ゾンビランドサガ リベンジ』の放送も予定されている。

「Cygames presents 伊万里湾大花火2019」は伊万里港七ツ島地区南ふ頭(佐賀県伊万里市)にて開催され、約12万人の観客が来場。さらに、佐賀県を盛り上げるべくTVアニメ『ゾンビランドサガ』がトークイベントを開催した。

会場に子どもからお年寄りまで老若男女幅広い観客が詰めかける中、7月に開催された佐賀県凱旋LIVEの映像がオープニングとして流れ、二階堂サキ役の田野アサミ、ゆうぎり役の衣川里佳が登壇。ふたりは今回の花火大会の為に描き下ろされたビジュアルに合わせ、着物姿で登場し、キセルや手袋など細かなところまで呉服屋さんがこだわってくれた、とコメントした。

イベントのトークで衣川は、発売中のベストアルバム『ゾンビランドサガ フランシュシュ The Best』に収録の、自身がリードボーカルを務める「佐賀事変」に関して触れ、「初めて聞いた時、凄くかっこよくて震えました。キャストのグループLINEでも『やばいよ! 衣ちゃん!』と話題になっていました。ずっとゆうぎりのメイン曲を出してほしいと思っていたので、最高の形で出して頂いて嬉しいです。」と喜びを語る。

また、今回のイベントに関して田野は「伊万里には初めて来たのですが、今日を凄く楽しみに、そして嬉しく来ました。隣にいる人、ここに来られなかった人、それぞれの大切な人のことを思いながら素敵な時間にしましょう」とコメント。続けて衣川は「佐賀県に私たちが来られるのは、当たり前ではなくて、みなさんが応援してくれたからです。本当にありがとうございます。そして、まだまだこれからもよろしくお願いします」とことばにし、その後、ふたりのカウントダウンで花火大会がスタート。OPテーマ「徒花ネクロマンシー」のコラボ花火が佐賀の夜空を彩った。

コラボ花火は昨年も大反響を呼び、SNSでも多く映像がアップされていたもの。海辺から間近で花火を見た感想にふたりは「凄い迫力に言葉が出てこない」と感想をこぼし、その後、田野から花火師に「素敵な花火をありがとう!」をみんなで一緒に伝えようとサプライズ提案があり、ステージ上のふたりと観客が声を合わせ花火師に届くように感謝を大声で叫んだ。

そして、今年のコラボ花火はこれだけでは終わらず、新曲「佐賀事変」のフルコーラスVer.の花火も上がる。佐賀の夜空一面を大迫力の花火が覆いつくし、「佐賀に来たくなるように」と思いを込めて作られた本楽曲が伊万里湾大花火に来場した約12万人をもてなした。ラストには3尺玉も打ちあがり、大熱狂のうちにイベントは幕を下ろした。

マイナビニュース

「ゾンビ」をもっと詳しく

「ゾンビ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ