41歳・椎名林檎の“お色気パフォーマンス”に悶絶「あの年でこのカワイさ...」

12月9日(月)7時31分 まいじつ


(C)macphoto07 / Shutterstock



12月4日放送の『2019 FNS歌謡祭 第1夜』(フジテレビ系)に出演した椎名林檎が『おいしい季節』『公然の秘密』の2曲を披露。視聴者から「かわい過ぎる」と大好評を得た。


【関連】中山美穂“顔面真っ白”で騒然…まばゆい照明に「鈴木その子かよ!」ほか


椎名が1曲目に披露した「おいしい季節」は、女優・栗山千明が2011年にリリースしたシングル曲。椎名が作詞・作曲・プロデュースと楽曲提供を手掛けたもので、今回はセルフカバーによるパフォーマンスとなった。


椎名は全身白の衣装に身を包み、マイク・マイクスタンドも白と、細部に至るまで白を基調としたいでたち。羽でできたゴージャスなトップスは肩が丸出しで、得意のセクシーなオーラを全開にしていた。特に目を引いたのは、トレードマークのショートボブヘアからガラリと変わった茶髪ロングの髪型。ウィッグを使用したのか、ハードで奇抜な普段の印象とは異なり、控えめながらも正統派美人のような雰囲気をまとっている。


 


「エロい」「かわいい」と大反響


また、小道具に合わせた丸メガネと茶髪ロングの組み合わせは相性抜群で、椎名の持つポテンシャルの高さを再度認識させられることに。2曲目に披露した「公然の秘密」では得意のアンニュイな色気を漂わせ、二面性による違った魅力を発揮することになった。


ネット上には、



《椎名林檎めちゃくちゃかわいいし歌い方エロカワイイしで もう何か最高だよね》

《こんなカッコかわいらしい40代がいますかね?!!》

《椎名林檎の眼鏡姿エロ過ぎて直視できない》

《この椎名林檎、かわい過ぎん??》

《FNS歌謡祭の椎名林檎さんが大人のかわいさいっぱいでほんとに最高だった》

《いや、スゴ過ぎて息するの忘れた》



など、椎名の魅力にノックアウトされる視聴者が続出。41歳とは思えないかわいさで、大きな話題をさらっていった。


大みそかの『第70回NHK紅白歌合戦』でも、魅力的なパフォーマンスを期待したいものだ。




 


【画像】


macphoto07 / Shutterstock


まいじつ

「椎名林檎」をもっと詳しく

「椎名林檎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ