つぼみ大革命「THE W」敗退も強烈インパクト

12月9日(月)23時3分 ナリナリドットコム

吉本興業所属の女性アイドルユニット・つぼみ大革命が、12月9日に放送されたお笑い番組「女芸人No.1決定戦 THE W 2019」(日本テレビ系)に出演。敗退はしたものの、大きなインパクトを与え話題を呼んでいる。

2010年に“お笑いもできるアイドルグループ”としてデビューしたつぼみ大革命は、なかなか売れない時代が続いたものの、コントにこだわり続け、現在ではなんばグランド花月で単独公演も成功。着実に実績を積んできた。

先輩にあたるブラックマヨネーズ小杉竜一が「僕から見ても、ネタはすごいしっかりしてるなと思います。おもしろいやん!ってなったときのこの爆発力は、普通の芸人とはまた違う伸び幅があると思うので。ダークホースになると思いますよ」と、善戦を期待する言葉が寄せられた。

つぼみ大革命が披露したネタは、9人という大人数を活かした美容院コント。一人のお客に対し、たくさんの美容師が分担することで生まれるすれ違いを笑いに変え、フットボールアワー後藤輝基も「ちょっとアイドルの子がコントするってなめてましたけど、しっかりした話でしたね」と高評価。日本テレビの水卜麻美アナも「新しい!」と絶賛した。

惜しくも1票差で敗れてしまったが、視聴者票を勝ち取るなど、負けてなお大きなインパクトを与え、ネットでは「つぼみ大革命、今日一面白かった!」「え、つぼみ大革命すごい好きだったんだけれど」「つぼみ大革命が一番好きだったので残念……」「これ、仕事増えると思うなあ」「幸せな時間だった」「これからもっと見る機会増えると思う」といった賞賛の声が相次いでいる。

ナリナリドットコム

「お笑い」をもっと詳しく

「お笑い」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ