神田沙也加 離婚で浮かび上がった母・松田聖子との溝

12月9日(月)7時0分 NEWSポストセブン

母親も離婚経験者だが…(時事通信フォト)

写真を拡大

 揺れ続けた2019年の芸能界で、年の瀬にまた騒動が待っていた。12月4日、女優の神田沙也加(33)が、夫・村田充(42)との離婚を発表。


〈生きてきた環境の中で持った考えを変えられず、彼を幸せにすることが出来ないと思いました。その結果、別々の人生を歩むという結論に至りました〉


 沙也加はそんなコメントを出し、円満離婚だとアピールしたが、翌5日、『女性セブン』が沙也加とジャニーズ所属タレントの交際を報じたことで事態は一変。円満離婚は“禁断の恋か?”と様相を変えた。そしてこの離婚劇が、図らずも沙也加を取り巻く家族の相克を浮かびあがらせている。


「母親の松田聖子が離婚について相談されていなかったというのです」(聖子を知る芸能関係者)


 沙也加といえば、神田正輝と聖子の長女として知られるが、両親の離婚後、父とは円満な関係を築く一方、聖子との確執がたびたびメディアを賑わせてきた。


「聖子は過保護なところがあって、沙也加の仕事や恋愛にも細かく口を出してしまう。それが沙也加には煩わしくて、過去に何度も大ゲンカを繰り広げてきました。2004年には、沙也加と年上ミュージシャンの交際に聖子が反対し、お互いにモノを投げ合う修羅場に。この時は近隣住人の通報で警察が駆け付ける騒動になった」(スポーツ紙記者)


 ケンカと仲直りを繰り返し、2011年の紅白歌合戦では母娘共演も果たした。だが、2017年の村田との結婚が、再び母娘に溝を生んでいたという。


「村田は役者としてはまだ無名に近く、“格差婚”であることは否めなかった。聖子は結婚に反対していたそうで、沙也加は結婚発表後に神田正輝と村田とのスリーショットをインスタグラムにアップしましたが、聖子はコメントも出さず、結婚式にも参加しなかった」(前出・芸能関係者)


 今日に至るまで、聖子が公の場で沙也加の結婚について触れたことは一度もない。


「当然、離婚についても何もコメントしないでしょう」(同前)


 2度の離婚を経験した聖子は、娘の“失敗”をどのような思いで見つめているのか。


※週刊ポスト2019年12月20・27日号

NEWSポストセブン

「神田沙也加」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「神田沙也加」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ