小倉智昭『ふるさと祭り』会見に登場 「会うと抱き合う」相手は…

12月9日(月)15時1分 しらべぇ

集合写真

フリーアナウンサーの小倉智昭EXILEÜSA、EXILE TETSUYA、橘ケンチが9日『ふるさと祭り東京2020』記者会見に登場。イベントの魅力を語った。


■酔っ払っても大丈夫!?

『ふるさと祭り』は全国各地で行なわれている伝統のお祭りや、その土地のグルメなどが一堂に会するイベント。

USA

ÜSAが「毎年、だいたい仕事始めが『ふるさと祭り』。いつも仕事を忘れるくらい踊ったり飲んだりして楽しんでいる」と言えば、TETSUYAも「これが唯一の、酔っ払ってもいい仕事」と笑う。


関連記事:EXILE USAは「飲み会前にウォーキング」 楽しく歩く秘訣とは?

■お祭りに参加も…

今年8月には、イベントに登場する長野県・長野びんずるに参加してきたÜSAとTETSUYA。

「善光寺に祀られている『おびんずるさん』を祀るお祭りで、善光寺で火をいただいて街中に灯してそれを囲みながら踊り歩く。振り付けは覚えやすい繰り返しで、すぐに輪の中に参加できます」と、ÜSAはがっつり踊り歩いたとか。

TETSUYA

一方のTETSUYAは「(膝の)リハビリ中だったので踊りは行けなかったんですが、お祭りの空気が吸いたくて」ÜSAについていったと明かすも、「高台でビール飲んでたよね?」とバラされてしまう。

苦笑いしつつも、「『おびんずるさん』は人を治す力に長けているので、膝を撫でてきた。そのおかげで、すっかり治りました」と笑う。

■小倉智昭の行きつけ?

『ふるさと祭り東京2020』の魅力は、やっぱり食。日本各地のお酒やおつまみ、丼、スイーツなどが楽しめる。実際に試食した4人は、日本酒をグイグイ呑み、おつまみと丼をおいしそうに食べていく。

小倉智昭

2011年からスペシャルサポーターを務めている小倉は「行きつけのお店が何店舗かあって、毎年行くとちょっとずつ量が増やしてくれる」とニヤリ。

小倉智昭

「松前漬けとかイカ飯とか…イカ飯のおばちゃんは、会うと抱き合って喜ぶ。会場をぐるぐる回っていると、あれもこれも食べたくてビニールの袋がいっぱい」と毎年再会と出会いを楽しんでいるそう。


■新年会は東京ドームで

今年から「“ちょこ”っと呑みつま横丁」という、各地の日本酒とおつまみをお得に楽しめる新企画もスタート。橘直筆のメッセージが入ったおちょこも選ぶことができる。

橘ケンチ

「EXILEのファンはみんなブルーのストラップ(橘ver)だよな。ケンチが作ったおちょこだよ? 日本酒がすげえ旨くなるんだろうな」と小倉は笑い、「仕事が終わった後、職場の人を誘ってもいい。新年会は東京ドームでやってください」と呼びかけた。


「ふるさと祭り東京2020」は2020年1月10日(金)から19日(日)までの10日間、東京ドームにて開催される。


・合わせて読みたい→『とくダネ』小倉智昭、西尾市長の育休巡る意見に賛否 「考えが古い…」


(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ



しらべぇ

「祭り」をもっと詳しく

「祭り」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ