ワクワクさんとゴロリの知られざる設定に衝撃 「そんな難題な…」

12月10日(火)13時1分 しらべぇ

久保田雅人(画像は久保田雅人公式ツイッターのスクリーンショット)

9日深夜に放送された『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に、「ワクワクさん」でおなじみのタレント・久保田雅人が出演。ワクワクさんの知られざる設定が明かされ、驚きの声が上がっている。


■民放のバラエティーに苦労

1990年から23年もの間、『つくってあそぼ』(NHK Eテレ)に「ワクワクさん」として出演していた久保田。しらべぇでも既報のとおり、現在はユーチューバーとして活躍しているようだ。

しかしその背景には、番組終了後数多くのバラエティー番組に出演し、Eテレと民放の違いについていけず様々な苦労があったとのこと。


関連記事:「Eテレタイム」は親子の大切な時間? お父さんお母さん世代からは絶大なる支持

■ワクワクさんには設定が

民放のバラエティーでは、スケジュールや台本が大雑把なことが多く戸惑いを感じていたという。一方、Eテレは教育上不適切な言葉やイメージを崩さないように厳しい指導が入るそう。

ワクワクさんも、「20代後半で世界を股にかけて活躍するデザイナー」という設定のもと番組を作り上げており、スタッフは真面目すぎるあまり「老けないでください」と久保田に無茶振りをしたこともあったようだ。

■じつはゴロリも…

また、番組冒頭では相方の「ゴロリ」が5歳のコグマであることが明かされ、ハライチ・澤部佑が「クマだったん!?」と衝撃を受ける一幕も。

今になって知る裏事情や設定に、視聴者は「知らなかった」「そんな難題な設定があったなんて…」と驚きを隠せないようだ。


■Eテレタイムは至福の時間

『つくってあそぼ』と観ていた子供たちも今や大人に成長し、子育て真っ最中という人も少なくないだろう。様々な教育番組を放送しているNHK Eテレだが、なかには子供だけでなく大人も楽しめるような番組もあるようだ。

しらべぇ編集部が、全国20代〜60代の子供がいる男女687名を対象に調査したところ、全体の14.7%が「Eテレタイムは親にとっても至福の時間だと思う」と回答している。

Eテレタイム

番組では久しぶりに工作を披露していた久保田。番組出演者もその時ばかりは童心に帰り楽しんでいたようだ。


・合わせて読みたい→有吉弘行、久保田アナの自宅インテリアをバッサリ 「客なんて来ねえよ」


(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日

対象:20代〜60代の子供がいる男女679名 (有効回答数)

しらべぇ

「ワクワクさん」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ワクワクさん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ