『ジョジョ・ラビット』第77回ゴールデングローブ賞に2部門ノミネート!新星ローマン・グリフィン・デイビスが映画初出演にして主演男優賞に驚異のノミネーション

12月10日(火)12時29分 tvgroove

ジョジョラビット

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(17)のタイカ・ワイティティ監督最新作、FOXサーチライト作品『ジョジョ・ラビット』が2020年1月17日(金)より公開される。この度、現地時間12月9日に第77回ゴールデングローブ賞のノミネート発表があり本作が作品賞(ミュージカル&コメディ部門)と、主演男優賞(ローマン・グリフィン・デイビス/ミュージカル&コメディ部門)の2部門にノミネート!

本作は、独特のセンスと創造力で次々と傑作を生み出し、マルチな才能で人々を魅了している監督・俳優のタイカ・ワイティティが4度アカデミー賞作品賞に輝き、今年で創立25周年を迎えるFOXサーチライトの元、第二次世界大戦中のドイツを舞台に戦時下に生きる人々の生きる歓びと人生の真実を弾けるユーモアとともに描き出す、かつてない壮大なヒューマン・エンターテイメントだ。

10月18日(金)から全米公開し現在8週目にしてトータル1,927万ドルまで数字を伸ばし現在公開中作品でトップクラスの勢いを保っている。さらに、10月23日(木)から公開のニュージーランドでは、その週末の全興行収入の42%を独占する大ヒットを記録し4週連続No.1を獲得!日本でも第32回東京国際映画祭の特別招待作品としてプレミア上映されると、観客が殺到し大盛況で、公開が待ち望まれている。

アカデミー賞に最も近いと言われるトロント国際映画祭の最高賞<観客賞>を受賞し、アカデミー賞大本命の1本として話題騒然の本作が、その前哨戦として最重要視され、世界中から注目を集めるゴールデングローブ賞においても作品賞(ミュージカル&コメディ部門)と主演男優賞(ローマン・グリフィン・デイビス)の2部門で見事ノミネートを果たした。

本作で監督・脚本を務めるタイカ・ワイティティの、『マイティ・ソー バトルロイヤル』をはじめ快作を連発し<天才>と称されるその恐るべき才能が、いよいよゴールデングローブ賞の栄冠に輝くのか!?そして、今回のノミネートで最大級のインパクトを残したのが、映画初出演にして主演男優賞(ミュージカル&コメディ部門)に驚異のノミネートを果たした新星ローマン・グリフィン・デイビス!何か月も続いていた本作のオーディションを一瞬で終わらせたという逸話を証明するかのごとく、錚々たるオスカー俳優たちと並んでのノミネートを果たしており、ここから本格化するアカデミー賞レースを『ジョジョ・ラビット』が席巻する予感を漂わすノミネート結果となった!第77回ゴールデングローブ賞授賞式は、日本時間1月6日(月)に開催予定。

<STORY>

舞台は、第二次世界大戦下のドイツ。心優しい10歳の少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は、
空想上の友だちのアドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)の助けを借りながら、
青少年集団ヒトラーユーゲントで立派な兵士になろうと奮闘していた。
しかし、ジョジョは訓練でウサギを殺すことができず、
教官から”ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられ、仲間たちからもからかわれてしまう。
そんなある日、母親(スカーレット・ヨハンソン)とふたりで暮らしていたジョジョは、
家の片隅に隠された小さな部屋で、ユダヤ人の少女(トーマサイン・マッケンジー)がこっそりと匿われていることに気付く。
ジョジョの頼りとなるのは、ちょっぴり皮肉屋で口うるさいアドルフだけ…。
臆病なジョジョの生活は一体どうなってしまうのか!?


■監督・脚本:タイカ・ワイティティ(『マイティ・ソー バトルロイヤル』)
■出演:ローマン・グリフィン・デイビス、タイカ・ワイティティ、スカーレット・ヨハンソン、
トーマシン・マッケンジー、サム・ロックウェル、レベル・ウィルソン他
■全米公開:10月18日
■原題:JOJO RABBIT
■配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
■コピーライト:©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC

■公式Twitter:https://twitter.com/foxsearchlightj
■公式Facebook:https://www.facebook.com/FoxSearchlightJP/
■公式Instagram:https://www.instagram.com/foxsearchlight_jp/
■公式HP:http://www.foxmovies-jp.com/jojorabbit/

tvgroove

「ゴールデングローブ賞」をもっと詳しく

「ゴールデングローブ賞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ