『ブラッククローバー』第11話の先行場面カット到着! アスタとノエルは、先輩のバネッサ(CV:水樹奈々)に誘われてショッピングへ

12月11日(月)11時0分 アニメイトタイムズ

現在放送中のTVアニメ『ブラッククローバー』より、12月12日(火)放送される第11話「とある日の城下町での出来事」のあらすじ&先行場面カットが公開となりました!

ソッシ村を守り、魔法帝から名誉の証の“星”を授与されるアスタ(CV:梶原岳人)たち。新人のアスタとノエル(CV:優木かな)は、騎士団員として初給料も手し、先輩のバネッサ・エノテーカ(CV:水樹奈々)に誘われ、城下町にショッピングに出かけることに。

本作は、週刊少年ジャンプ(集英社)で絶賛連載中の、シリーズ累計420万部を超える『ブラッククローバー』のアニメ化作品。誰もが魔法を使える世界が舞台で、なぜか生まれつき一切魔法が使えないアスタと天才的な魔力をもつユノ(CV:島﨑信長)が、世界を救う魔道士の頂点といわれる“魔法帝”をめざす、冒険と成長を描いた創成魔法ファンタジー超大作です。第11話「とある日の城下町での出来事」
●あらすじ
ソッシ村の人々を守って戦ったアスタたちに、魔法帝から、名誉の証である“星”がひとつ授与された。さらに新人のアスタとノエルは、騎士団員として初めての給料も手にし、うれしさでいっぱい。

そんなアスタとノエルが、先輩のバネッサ・エノテーカに誘われ、城下町にショッピングに出かけることになった。人々でにぎわう街で必要な買い物を済ませたバネッサが、次にふたりを案内したのは、危険もあるが珍しいものが多い“闇市(ブラックマーケット)”。アスタはそこで、“翠緑の蟷螂団(すいりょく の とうろうだん)”に入ったセッケと再会する。

脚本:筆安一幸
絵コンテ:ユキヒロマツシタ
演出:秦義人
作画監督:J-CUBE
総作画監督:砂川貴哉、赤坂俊士

アニメイトタイムズ

「先輩」をもっと詳しく

「先輩」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ