『屍人荘の殺人』神木隆之介×浜辺美波インタビュー|「安心してお芝居ができた」初共演ながら息ピッタリの演技で魅了、オススメのミステリー小説も

12月11日(水)21時0分 映画ランドNEWS

『屍人荘の殺人』

神木隆之介×浜辺美波インタビュー


屍人荘の殺人
神木隆之介×浜辺美波

今村昌弘の新感覚ミステリー小説を映画化した『屍人荘の殺人』が12月13日(金)より全国東宝系にて公開。推理ベタな万年助手・葉村譲を演じた神木隆之介と、謎の美人女子大生探偵・剣崎比留子を演じた浜辺美波、初共演の2人に今作の撮影エピソードやオススメのミステリー小説などを聞いた(取材・文:奥村百恵/撮影:山越めぐみ)。


──お2人はどのような役作りをして今作に挑まれたのでしょうか。


屍人荘の殺人
神木隆之介×浜辺美波


神木:葉村は、中村倫也くん演じる明智をはじめ個性豊かなキャラクターに囲まれているので、なるべく一般常識と言われるものを大事にしながら演じるようにしていました。葉村以外の人達が変わっているんだということを示すことが僕の役割というか。倫くんはお芝居で仕掛けてくることが多くて、例えば僕の耳元で「葉村くん!」と大声を出したりするんです(笑)。それに対して僕まで「はい!」と大きい声で返事をしたら明智の変わったキャラクターが薄まってしまいますし、全てがフィクションに見えてしまう危険性があります。なので大声で話しかけられたら「ちょっと静かにしてもらっていいですか」と返したり、誰もが思うような素直な感情を出すことにしたんです。どうリアクションを取るかというのは、かなり意識して演じるようにしていました。


浜辺:私はもともと原作が好きで、お話をいただく前から自分の中で比留子のイメージがしっかりとありました。ですが、脚本を読んで衣装合わせをしていくうちに、比留子のテンションが原作と違うことに気付いてイメージに囚われすぎずに役作りしたほうがいいなと思ったんです。木村ひさし監督は「こんな動きして」とか「こんな感じで」と現場で突然の無茶振りをされることも多かったので、リクエストに驚きつつも焦らず冷静に演じるのは大変で(苦笑)。自分で何かを足すとやり過ぎになってしまう可能性もあったので、監督の指示通りに演じるようにしていました。


──お互いに“こんなところが役と似ているな”と感じた部分はありましたか?


屍人荘の殺人
(C)2019「屍人荘の殺人」製作委員会

神木:浜辺さんは割とドジなところがあって、比留子もドジなのでそこはすごく似ていると思います(笑)。


──ちなみにどんなところがドジなのでしょうか?(笑)。


神木:何もないところでコケているのを見ました(笑)。あと現場検証のシーンを撮影している時に、自分で開けたドアに頭をぶつけて“痛っ!”って(笑)。本番中だったのですぐ冷静になってお芝居を続けていましたけどビックリしました。それが本編で使われているという…(笑)。もちろんドジなところだけじゃなく、とっても優しい方なので、そこも比留子と似ているのかなと。僕のくだらない話にも笑ってくれて…本当は「おもしろくないな」と思っているかもしれないけど(笑)。


浜辺:そんなことないです!(笑)。私は原作を読んだ時に、もしも実写化するなら葉村くん役は神木さんがピッタリだなと勝手に思っていたんです。そしたら本当に神木さんが演じると聞いて驚きました。映画ではどんな葉村くんになるんだろうと撮影前から楽しみにしていたのですが、いざ現場で神木さんのお芝居を見たら、想像していた以上に“葉村くん”だったので嬉しかったです。ワトソンとして支えてくれる安定感や全てを受け止めてくれる感じが葉村くんそのもので、探偵として未熟な比留子を演じるにあたって安心してお芝居ができたのは神木さんのおかげだと思います。


屍人荘の殺人
神木隆之介

神木:僕のほうこそ浜辺さんのおかげで葉村の役作りができたので、ありがたかったです。“なぜ比留子は葉村をアシスタントに選んだのか”がクランクインする4日前ぐらいまで全くわからなかったんです。というのも、僕は葉村の目線でしか原作や台本を読めなくなってしまっていたので、比留子の真意が文字を読むだけでは掴みきれなくて。そこが自分の中で明確にできないと葉村という役を作れないと思ったので、それならば比留子のことを一番わかっている浜辺さんに聞いてしまおうと。


浜辺:クランクインの直前に“なんでだと思いますか?”と神木さんから連絡をいただいて(笑)。


神木:「まだクランクイン前で情報量は少ないと思いますが、ザックリで良いので教えてください」と浜辺さんにメールしたら「お人柄ですかね〜」と返事がきたので「わかりました。じゃあお人柄を良くしますね」と、そういったやりとりからあの葉村が生まれました(笑)。


屍人荘の殺人
浜辺美波

浜辺:ふんわりとした答えしか返していないのに、しっかりと葉村くんが出来上がっていたので嬉しかったです。「これこそが葉村くんだよ」と(笑)。こういう人柄なら比留子も“助手=ワトソン”として葉村くんを選びたくなるよなと、現場での神木さんを見てしみじみと思いました。


神木:浜辺さんも比留子の“自分が生き延びるためにどう事件を解決していくか”という部分や“真実を見極める力”をしっかりと表現されていたと思います。2人だけのシーンでは比留子の強さを感じたのですが、それは浜辺さんご自身が強さを持って生きているからこそ出てきたものではないかと。向き合ってお芝居していると“さすが浜辺美波だな!”と思うことだらけでした。


浜辺:なんだか照れますね(笑)。


──先日、中村倫也さんにお話を伺う機会があったのですが、その際に「もしスピンオフを作るとしたら明智の日常を見てみたい。帰りに八百屋に寄っている姿とか面白そうですよね」とおっしゃっていました。お2人は葉村と比留子はどのように日常を過ごしていると思われますか?


屍人荘の殺人
(C)2019「屍人荘の殺人」製作委員会


神木:葉村は明智以外に友達はいないはずなので、明智がいない時は一人で学食を静かに食べてるんじゃないかなと思います(笑)。大学では明智以外は誰とも会話をせず、帰りに本屋に寄って最新のミステリーを探す…きっとそんな地味な生活をルーティーンで送っているのではないかと。明智も葉村も2人で一緒にいる時はワチャワチャしていますけど、それぞれ一人の時は極力目立たないように生活していると思います(笑)。


浜辺:比留子の普段の様子は原作では描かれていないので勝手な想像になりますが、中村さん、神木さんの想像した明智さんや葉村くんと同じようにかなり地味な毎日を過ごしているのではないかと。例えば、比留子がお惣菜屋さんに入ったら、コロッケを買うかメンチカツを買うかで一時間ぐらい迷ったり(笑)。あと、いつも寝坊しちゃうとか、ちょっとしたドジな部分や不器用さを出しながら生きてるんじゃないかなと思います(笑)。


神木:比留子の部屋はちょっと散らかってそう(笑)。


浜辺:それはどうでしょう(笑)。確かに部屋の片付けは苦手なイメージはありますね。


神木:自分で置いたはずなのに鍵の場所を忘れちゃうとか(笑)。


浜辺:それも毎朝必死になって探していそうですよね(笑)。


──想像すると笑ってしまいます(笑)。ところで、探偵や助手は人間を観察して心理を探りながら事件を推理していくと思うのですが、ある意味、俳優という仕事にも共通する部分があるのではないでしょうか。


屍人荘の殺人
(C)2019「屍人荘の殺人」製作委員会

神木:あると思います。例えば、緊張すると瞬きが増えて喉が渇きやすくなるとか、話している人の目線を見れば嘘をついているかどうかがわかるとか、そういう人間の行動心理を読むことはお芝居にすごく役立つと思うんです。僕は心理学が好きで色んな本を読んでいるのですが、いつかそういったことをお芝居にも取り入れたいなと。例えば、ちょっとした伏線を作ったり、ラストを読み解くヒントを散りばめたら面白いと思うんです。いつか挑戦できたらいいなと思います。


屍人荘の殺人
(C)2019「屍人荘の殺人」製作委員会

浜辺:私は一人で街でボーッとすることが多いのですが、そういう時に人の仕草や行動を観察することは結構あります。神木さんのように心理学を学ぶほどではありませんが、観察したことをお芝居にも反映できたらいいなと思っています。


──では最後に、読者に向けて「オススメのミステリー小説」を1作品ずつ。


屍人荘の殺人
神木隆之介×浜辺美波


浜辺:綾辻行人さんの“館シリーズ”が好きなのですが、中でも「水車館の殺人」(著:綾辻行人)は読みやすいのでオススメです。実は神木さんから薦めていただいて読んだんですよ。


神木:綾辻行人さんの“館シリーズ”はどれも本当に面白いです。僕は「体育館の殺人」(著:青崎有吾)がオススメです。ミステリーで人気のあるクローズド・サークル作品はたくさんありますが、王道のものであっても難しい小説が多いんです。綾辻行人さんの“館シリーズ”や「体育館の殺人」(著:青崎有吾)はミステリー初心者の方にも楽しんでいただけるんじゃないかなと思います。


浜辺:シリーズものって読み始めるとだんだん愛着が沸くので、ミステリー小説にハマるきっかけにもなると思います。私も綾辻行人さんの“館シリーズ”を試しに一冊読んでみたら見事にハマったので、是非読んでみてください。


神木隆之介×浜辺美波 直筆サイン入りチェキ を1名様にプレゼント✨



屍人荘の殺人
神木隆之介×浜辺美波 サイン入りチェキ

映画ランドNEWS読者へ 神木隆之介×浜辺美波 直筆サイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼント!以下、応募方法をご確認の上ご応募ください。


当選者数:1名様

応募締切:2019年12月20日(金)終日まで

発送予定:2019年12月下旬(予定)

※当選は発送をもって発表とさせていただきます。


応募方法

STEP1:映画ランド アプリをダウンロード



STEP2:応募フォームに必要事項を入力



STEP3:SNSで拡散して当選率アップ✨




映画『屍人荘の殺人』は12月13日(金)より全国東宝系にて公開


(C)2019「屍人荘の殺人」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「神木隆之介」をもっと詳しく

「神木隆之介」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ