「PRODUCE 101 JAPAN」を辞退した元HALOのメンバーを日本ファンが熱くサポート! iTunes K-POPソングチャートトップ10で1位&6曲ランクイン! グループ再結成を望む声あがる

12月11日(水)13時17分 KPOP monster

チョン・ヨンフン、キム・ヒチョン、キム・ユンドン(右)チョン・ヨンフン、キム・ヒチョン、キム・ユンドン(右)

日本のエンターテイメント界で過去最大級の番組制作規模となる日本発の“サバイバル“オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」。本日、12月11日夜に生放送にて最終デビューメンバーが発表されるが、最終評価を目前に番組を降板した韓国人練習生キム・ヒチョン、キム・ユンドン、チョン・ヨンフンが元々所属していたHALOに今、熱い関心が集まっている。

【動画】[M/V] 헤일로 (HALO) – O.M.G.

去る11月28日、以前、韓国のアイドルグループHALO(ヘイロー)として活躍し、練習生の頼れるお兄さんとして慕われていたキム・ヒチョンが突然番組の降板を発表。常にランキングではデビュー圏内に入っていただけに、ファンからは驚きや悲しみの声があがった。

その約1週間後、同じくHALOとして一緒に活動していたキム・ユンドンとチョン・ヨンフンも番組を降板することが発表された。

人気練習生3人の突然、番組を降板したことで、ファンは落胆。ネットは悲しみのコメントで溢れかえった。

しかし、番組を通じて彼らのファンになった国プ(番組の視聴者/ファン)が彼らへのサポートを見せようと、動き出した。多くのファンがiTunesでHALOの楽曲を購入し、12月9日午前11時頃、なんと日本のiTunesストアのトップ・ソングランキングK-POP部門でHALOの「O.M.G」が1位を獲得したのだ。

人気グループMAMAMOOの最新曲「HIP」や、BTS防弾少年団)の大ヒット曲「Boy With Luv」をおさえての堂々の首位獲得。他6曲もトップ10内に急浮上。さらに、ミュージックビデオ総合部門でもHALOの「LIAR」が首位に。トップアルバムK-POP部門では「Young Love」(3位)を含む3曲がランクインを果たした。(現在もランキングは上昇中)

【動画】HALO「LIAR」PV FULL

これを受け、ツイッターでもハッシュタグ「#HALO_1位」というワードが急浮上し、なんとワールドワイドトレンド入り。HALOの功績を称え、ファンからはヒチョン、ユンドン、ヨンフンを含む、HALOのメンバー6人での再結成を望む声が多数あがっている。

「これで3人がどれだけ国プに愛されていたか伝わったら嬉しい」

「HALO、6人で再結成してください」

「これは快挙、素晴らしい」

「韓国から日本に来てくれてありがとう!3人の存在を知れてよかった。これからも応援してるよ!」

KPOP monster

「メンバー」をもっと詳しく

「メンバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ