BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

AKB48の「シングル総売上日本一」にB'zファン納得できず...「売ってるのは握手券」と批判殺到

メンズサイゾー12月11日(金)16時5分
画像:AKB48の「シングル総売上日本一」にB'zファン納得できず...「売ってるのは握手券」と批判殺到
写真を拡大

 AKB48のシングル総売上枚数が3615.8万枚を記録し、オリコンランキングのアーティスト歴代最高となったことが話題になっている。メンバーやファンは歓喜しているが、記録を抜かれた人気ユニット・B'zのファンを中心に「AKBが歴代最高なんて認めない」などと批判的な意見が噴出。賛否両論が巻き起こる事態となっている。


 AKBは9日に発売した最新シングル「唇にBe My Baby」が初日売上81.3万枚を記録。B'zが持っていたシングル総売上3580.9万枚の歴代最高記録を塗り替えた。新曲でセンターを務めた高橋みなみ(24)は「結成10周年のタイミングでこのような偉業を達成できたということは、本当にファンの皆様のおかげです」と喜びのコメントを発表した。


 また、AKBグループ総合プロデューサーの秋元康氏(57)は同曲によって作詞シングル総売上枚数が1億枚を突破したことを発表。こちらも「作詞家としてデビューしてから34年間の積み重ねが記録となったようでうれしいです」と歓喜のコメント。1億枚の売上トップを占めたのは大半がAKBのシングルであり、その作詞家人生においてAKBが大きな存在であることが再認識された。


 これが各メディアで報じられると「AKBが史上最高のアーティストとして認められて嬉しい」「初公演の観客7人からここまで成長して感無量」などとファンは賞賛し、一般のネットユーザーからも「B'zを抜くってすごい」「音楽不況の時代に結果出してるのは素直に感心」と褒めたたえられている。


 しかし、これに納得できないのがB'zファンだ。「AKBがB'zを超えた」という論調に反発しているファンが多く、ネット上では以下のような意見が数多く飛び交っている。


「AKBが売ったのはCDじゃなくて握手券でしょ」
「この記録は純粋なCDの売り上げと言えない。純粋に音楽でファンの心をつかんできたB'zに失礼」
「B'zは実力で勝負しているのにAKBは握手券や投票券をつける卑怯な売り方しているのでフェアじゃない」
「AKBがB'zに売上で勝ったらしいけど実力と握手券を比べないでほしい」
「正々堂々と音楽で売ってるB'zが握手券で売上を稼いでるAKBに抜かされたことが悔しい」


 ご存知のようにAKBのシングルは握手券や「選抜総選挙」の投票券が付属し、それを目当てに同じCDを複数買いするファンが珍しくない。それだけにとどまらず、ジャケット違いやランダム生写真といったファンの「複数買い」を狙った趣向を凝らしている。


「運営サイドの狙い通りにコアなファンの大量買いが激化。今年5月に発売されたシングル『僕たちは戦わない』は握手券と投票権が付属し、接触重視のファンが握手券だけを抜いてヤクオフに大量出品したことが話題になりました。数百〜千枚単位を購入したファンが珍しくなく、これはシングル発売後の恒例の光景になっている。握手券しか付いていないシングルの場合はオークションで売りさばくことができないため、大量のCDがゴミに出される。かつてシールだけを抜いてチョコ菓子が捨てられていた『ビックリマン』さながらの状態が続いています」(アイドルライター)


 これはAKB商法が成功した当時から指摘されていたことだが、本来ならオマケである握手券とメインのCDの価値が逆転してしまっている。一方のB'zは基本的にシングルに特典をつけておらず、アルバムも「初回限定盤」「通常盤」くらいの違いしかなかった。これではB'zファンからブーイングされるのも無理はなく、公平な記録とはいえないような気がする。


 しかし実際に数字を出しているAKBの脅威を無視することはできず、B'zも特典商法に舵を切るようになっているという。


「B'zは今年3月にリリースしたオリジナルアルバム『EPIC DAY』で初の複数バージョンを展開。通常盤をはじめ、ライブDVD付きの初回限定盤、PC用ダウンロードカードが付いたアナログレコード盤、オリジナルトートバッグやマフラータオルなどが同梱された『LIVE-GYM 2015盤』の4種が発売され、コアなファンはバージョン違いを複数買いをしているようです。また、6月にリリースしたシングル『RED』も通常版とライブDVD付きの初回限定盤、特別仕様のケースにオリジナルリストバンドが同梱された赤盤の3種を発売。プロ野球の黒田博樹投手の登場曲として書き下ろされたという背景があったとはいえ、グッズ付きシングルはファンにとって衝撃でした。音楽だけを売っていればいい時代ではなくなった象徴ともいえます」(音楽ライター)


 あのB'zですら特典商法をマネなくてはならなくなったということだろうか。握手券と投票券を武器にしたAKBグループの快進撃は良くも悪くも音楽界を大きく変えてしまったといえそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

はてなブックマークに保存

この記事のトピックス

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「AKB48の「シングル総売上日本一」にB'zファン納得できず...「売ってるのは握手券」と批判殺到」の関連ニュース

注目ニュース
木村拓哉、「A LIFE」大爆死なら“嵐のバーター”に成り下がる可能性も!? アサ芸プラス1月21日(土)17時58分
主演作の「ALIFE〜愛しき人〜」(TBS系)が今期のドラマで最高の視聴率を叩き出し、面目を保っている木村拓哉。[ 記事全文 ]
脱法サイト向け動画撮影 気づかず被害に遭う女性も NEWSポストセブン1月21日(土)16時0分
海外サーバーを利用すると、日本人向けサービスでありながら、日本の法律では取り締まりづらい脱法サイトが構築できる。[ 記事全文 ]
小林麻央、「放射線治療が残り1回に」 RBB TODAY1月21日(土)20時54分
小林麻央が21日、自身のブログを更新、過去の自分に勇気づけられていることを語った。[ 記事全文 ]
綾野剛の“ナンパ”が話題「這ってでもついて行く」「時間なら100年くらいあります」 モデルプレス1月21日(土)21時17分
【綾野剛/モデルプレス=1月21日】俳優の綾野剛が21日、フジテレビのバラエティ番組「めちゃめちゃイケてるッ!」(毎週土曜よる8時〜)に出…[ 記事全文 ]
キングコング西野 「絵本無料公開」美談の裏で裏方スタッフから怨嗟の声が! アサ芸プラス1月20日(金)17時59分
1月19日、自身が手がけた絵本「えんとつ町のプペル」の全内容をネットで無料公開したのは、キングコングの西野亮廣である。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア