アップアップガールズ(2)の中沖凜が芸能界引退を発表「新しい社会に出て挑戦したい」

12月11日(火)18時5分 耳マン

2017年に結成されたアイドルグループ

アイドルグループ・アップアップガールズ(2)の中沖凜が12月31日をもってグループを卒業、芸能界を引退することを発表した。

中沖凜

アップアップガールズ(2)はアイドルグループ・アップアップガールズ(仮)の妹分として2017年に結成。精力的に活動するも、2018年に入り今後の活動について話し合うなか、中沖の脱退が決定したという。

高校卒業のタイミングで「新しい道に進もう」と決意

中沖は「今年のはじめから、自分の進路を考える様になり、この先自分はどうなっていきたいのか何度も何度も考え、沢山悩みました。私には、もう1つ夢がありました。アイドルという活動をしていく中で、その夢も叶えたいという気持ちが大きくなっていきました。私は、高校を卒業する年です。そのタイミングで、もう一度新しい社会に出て、挑戦したいと強く思うようになり『新しい道に進もう』と決めました」とグループ卒業と芸能界引退に至った経緯を報告した。

引退後は地元の富山県に戻るようで「2年弱という短い時間ではありましたが、私にとってかけがえのない大切な時間でした。一生の宝物です。本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これから、違う道に進む私ですが、自立して立派な大人になれるよう、6人に負けないよう、前を向いて頑張ります。アップアップガールズ(2)で得たことを地元の富山で生かし、これからの人生を歩んでいきたいと思います」とコメント。「年内はアップアップガールズ(2)として、いつも通りの私で頑張ります!」と締めくくった。

グループは25日にシングル『かかって来なさい/OVER DRIVE』のリリースが決定しており、22日には下北沢GARDENにて現メンバーでの最後のライブを行う。

耳マン編集部

耳マン

「芸能界」をもっと詳しく

「芸能界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ