佐藤二朗主演ドラマ 関係者が自殺し、放送が無期延期

12月11日(水)16時0分 NEWSポストセブン

佐藤二朗が異色テーマで挑んだドラマで悲劇が

写真を拡大

 俳優・佐藤二朗(50才)の主演ドラマが、関係者が自殺したことで放送が無期延期になっていたことがわかった。


「押忍!」「押忍!」。愛知県の小牧工業高校のマーチングバンド部は、その異色の演奏スタイルで知られている。マーチングバンドとは、金管楽器(ラッパ)や打楽器(パーカッション)を演奏しながら、息を合わせて隊列(フォーメーション)を変化させ、観客の耳も目も楽しませる吹奏楽の演奏スタイルだ。


 華やかな音楽隊のはずなのに、小牧工業高校のバンドはどこか“汗臭い”。ユニフォームは高校の制服ではなく、作業服と黄色いヘルメット。練習をするのは音楽室ではなく、武道場。返事は「押忍!」。ステージの冒頭では、30人余りの部員たちが息を合わせて腕立て伏せを披露してから楽器の演奏に入る——。


 工業高校らしい“ド迫力”のマーチングバンドのスタイルが評判を呼び、今や全国区の人気だ。


「地元の有名マーチングバンドを、中京テレビ(名古屋市)が開局50周年記念作品としてドラマ化しました。主演は佐藤二朗さん。彼のモデルは、部活動を率いるスキンヘッドの名物顧問のS先生でした。


 すでに撮影はクランクアップしていて、放送予定は12月7日だった。しかし、ある“事件”が起きて、放送は無期延期になったんです」(テレビ局関係者)


 11月25日日曜日の深夜のことだった。夜が明ければ、いつものように生徒が登校してくる。そんな高校の職員室で、1人の男性が倒れていた。


 翌日、地元紙「中日新聞」夕刊はこう伝えた。


《25日午前2時10分ごろ、愛知県小牧市の小牧工業高校の職員室で『男性が大量に出血して倒れている』と119番があった。(中略)男性は同校の50代の教諭で、その場で死亡が確認された。県警小牧署は現場の状況から自殺とみている》


 亡くなったのは、マーチングバンド部の3人の顧問のうちの1人であるA教諭だった。地元教育関係者によると「冗談をよく言う優しい先生で、生徒から慕われていた。S先生ほか顧問の先生たちは本当に仲がよかった」という。亡くなる1週間前には、A教諭ほか顧問と部員が小牧市役所に招かれ、市長から部の活動を表彰されたばかりだった。


 全国紙社会部記者が話す。


「鋭利な刃物で、首のあたりを切ったそうで、職員室には相当な量の血が流れていたそうです。遺体のすぐ近くに遺書が残されていたので、県警はすぐに自殺と断定しました。


 わざわざ週末の職員室に忍び込んでの自殺だったので、学校側やほかの教諭に対して、何か抗議したいことがあったのだろうと推測されます。


 遺体発見の1時間前、A教諭の家族から警察に行方不明者届が出されていたので、家族は何か異変を感じ取っていたのかもしれません」


 A教諭は、楽器の演奏経験はないという。だから、演奏会やイベントの準備など、献身的にバンド活動のサポートをしてきた。死を目前にしても、最後までバンドのことを思っていたようだ。前出の地元教育関係者が声をひそめる。


「遺書には、マーチングバンドのことが書かれていたそうです。これからも演奏を続けていってほしいこと、ドラマを放送してほしいこと…。


 ほかには、学校上層部との人間関係の悩みが綴られていたそうです。ご遺族は学校に不信感を持っていたのか、葬儀に参列した学校関係者は、顧問のS先生だけだったそうです」


 A教諭の妻は、「今は悲しいということでいっぱいで、お話できる状況ではありません」とだけ語った。


 12月9日、地元の音楽祭でマーチングバンド部の部員たちは、いつものように熱い演奏を披露した。S教諭が語る。


「参加するかどうか、生徒たちと話し合いました。“みなさんも楽しみにしてくれているし、自分たちも元気になるきっかけにしたい”と参加を決めました。Aさんのことについては、私の立場からは申し上げられません」


 その日、部員たちが演奏したのは、A教諭が好きだった『見上げてごらん夜の星を』だった。


※女性セブン2020年1月1日号

NEWSポストセブン

「佐藤二朗」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「佐藤二朗」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ