倉科カナ、おひとりさまを極め写経にハマる 「一番恥ずかしかったのは…」

12月11日(水)12時30分 しらべぇ

倉科カナ(画像は倉科カナ公式Instagramのスクリーンショット)

10日放送、明日話したくなる「テッパン話」を紹介していく『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)に女優の倉科カナが登場。驚きの「おひとりさま」生活を告白し、視聴者から共感が殺到している。


◼ひとり焼肉・カラオケは余裕

複数で時間を過ごすのも楽しいが、「人にスケジュールを合わせるのが面倒臭いため何でも1人でやってしまう」と倉科は「おひとりさま」生活を語る。

しらべぇでも既報の通り、今ハマっているのは、ひとり焼肉からのひとりカラオケ。博多大吉から「店員とか周囲がビックリしない?」と尋ねられた倉科は「周囲から『倉科カナじゃね?』って指をさされながら食べている」と笑う。

カラオケでは坂本冬美の『火の国の女』を練習中と明かしたが、千鳥・大悟から「練習しても、1人で歌うんでしょ?」とツッコミが飛んだ。


関連記事:倉科カナ、胸元のゆるいネグリジェ姿で「いかがわしい店」キャストに

◼海外にも1人で…

倉科のおひとりさま生活は日本に留まらない。海外旅行にも1人で行き、ハワイではダイヤモンドヘッドなどの観光地を満喫したり「1人で泳いでいた」という。

さらにイギリスでは朝食の食べ歩きを堪能したと振り返る。ただし、家族連れやカップルだらけのフレンチ店でコース料理を1人で食べていたさい、「目の前でオマール海老をフランベされたのは1番ツラかった」とおひとりさまの苦悩も明かした。

◼視聴者は共感気味

ひとり生活を満喫している倉科。視聴者からは「何でもひとりなのすごくいいな」「倉科カナさん好きになった」と称賛の声が目立っている。

「私も面倒くさがり屋だしおひとり様も全然余裕。共感しかないんだよな」「似てるわ、一人でいるの。まあ、私の場合は友達いないからだけど…」「ひとりで何でもできちゃうの勝手に親近感わいてる」と、倉科のおひとりさま生活に共感を寄せる視聴者が殺到していた。


◼7割強は「1人で行動派」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,343名を対象に調査したところ、7割以上が「1人で行動するのが好きなほう」と回答している。

おひとりさまを満喫している倉科だが、「成長「知恵」といった好きな文字をひたすら書き写す。写経をするなど、どこか闇を抱えた一面も覗かせた。1人での行動が好きな人は多いが、極めすぎるのも問題なのかもしれない。


・合わせて読みたい→人と一緒は気をつかう? 40・50代男性は一人旅に興味がある傾向


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日

対象:全国20代〜60代の男女1,343名(有効回答数)

しらべぇ

「倉科カナ」をもっと詳しく

「倉科カナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ