9頭身モデル・熊江琉唯、パンツ見られて激おこ! 相変わらずの美脚には絶賛コメント続出

12月12日(火)16時0分 メンズサイゾー

 驚異の9頭身ボディを誇り、グラビアでも活躍中のモデル・熊江琉唯(くまえ・るい/22)が、その見事なカラダを深夜バラエティで見せつけた。


 11日深夜放送の『オトせ!』(日本テレビ系)に出演した熊江。この番組は、人気芸人たちが"素人のつまらない話"に笑いでオチをつけられるか、意地とプライドをかけて挑戦するというものだ。


 熊江は「つまらない話をするタレント」のひとりとして登場。「怒っていることがあるんです」と切り出し、街を歩いているとき、若い男性にスカートを突然めくられてパンツを見られたエピソードを話し始めた。


 男のハレンチな行動に、「これは許せない!」と激おこ状態となった熊江。そのまま男を追いかけ、あと一歩で捕まえられるところに迫ったそうだ。しかし、男は赤信号をムリに渡り、結局逃げられてしまったという。ここで彼女の話は終了。番組主旨どおり、オチの弱い普通の話で、それにケンドーコバヤシ(45)がオチをつけることになった。


 熊江のトークに耳を傾けていたケンコバは、話が終わったところで、「自己紹介がまだでした」と挨拶。小さくお辞儀をした直後に、「あのとき赤信号を渡った男です」とトークの住人になるというオチをつけた。これがウケて、ケンコバは熊江の話をオトすことに成功。番組ではオチをつけられた人が床下に落ちるシステムで、熊江も画面から消えるように落下するのだった。


 あっさりとオチをつけて笑いを誘ったケンコバはさすがだが、ネット上の視聴者からは熊江の「プライベートでパンツを見られた話」に驚きの声が。熊江を襲った男が許せないという怒りの声も大きく、ファンにとってはどんなオチをつけても笑えない話になってしまったようだ。


 その一方で、「それにしても素晴らしいカラダ」といった絶賛コメントも続出。この日、熊江はセパレートタイプのミニスカチャイナドレスを身につけており、しなやかな美脚を大胆に露出していたのだ。ちなみに、熊江は中国出身で、バラエティにはチャイナドレスで出演することが多い。


 熊江は誰が見てもスタイル抜群とわかる9頭身ボディの持ち主。身長172センチで股下は86センチと、カラダの半分が脚になる。今回の番組を見たファンは、改めてその脚の美しさに脱帽したよう。熊江は同じ衣装を身につけた姿をTwitterにアップしており、こちらにも絶賛コメントが殺到することになった。


 熊江といえば、菜々緒(29)や木下優樹菜(30)らを輩出した『三愛水着楽園イメージガール』の16代目で、朝の情報番組『PON!』のエンタメリポーターとしても活躍中。グラビア人気も拡大中で、寝転がって自慢の美脚を上げる「熊江ポーズ」で知られる。今回、バラエティで抜群のプロポーションを見せつけた彼女は、大ブレイクへさらに一歩近づいたと言えそうだ。

メンズサイゾー

「パンツ」をもっと詳しく

「パンツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ