「上に行きたかった」ローラ、夜遊びも彼氏も一切排除していた? 下積み時代を語る

12月12日(金)19時30分 messy

『Scawaii!2015年1月号』主婦の友社

写真を拡大

 今年の4月から始まったバナナマンの冠番組『バナナマンの決断までのカウントダウン』(フジテレビ系)が半年後の10月に大幅なリニューアルを敢行し、『バナナマンの決断は金曜日!』と番組名までごっそり変わってしまった。再現ドラマを駆使して「人生のターニングポイントとなった決断」に至るまでの日々をカウントダウン形式で見せていく手法が私は結構お気に入りだったので、それが完全に消え去ってしまったのがちょっと残念である。

 以前はだいぶバラエティー寄りの番組であったが、リニューアルされてからはゲストによってアプローチの仕方にバラつきはあるものの、ドキュメンタリー色が強くなったように感じる。重要な決断をした当時の真相を明かす真面目なインタビュー企画があったり、プライベートを密着取材して彼らから発せられる新たな「決断」を紹介している。

 11月28日の放送回では、CM契約社数14社という大活躍ぶりを見せつける人気タレント・ローラが初告白することになる「ある決断」に迫っていた。まずはモデルとしても活躍中のローラが、その美ボディを作るためのこだわりの食生活を披露。

 スーパーでのお買い物シーンから密着取材VTRが始まると、商品を手に取ったローラが裏面にある食品成分表を熟読している姿があった。テレビで見ている彼女のイメージからすると、適当に好きなものをポンポン買い物カゴに投入しそうな感じがするが、その辺はやはりモデルさんだけあって体のことを気にしてチェックしているようだ。

 そして次の調理シーンでは、生魚を手慣れた様子で三枚におろしていた。あのローラが魚を綺麗にさばいていることにビックリしてしまった。「ヤダ〜! 生魚なんて触れな〜い! あっち行って!」とか言いながら逃げちゃいそうな大方のイメージに反して、キチンと生魚と向き合っていたのである。

 番組MCのバナナマン(設楽統日村勇紀)は『森田一義アワー笑っていいとも!』(同局)の曜日レギュラーとして共演していたこともあったが、彼女の料理の腕前については全く知らなかったようで、予想外過ぎる手際の良さに驚くばかりであった。設楽さんは「テレビ用にわざとやってるだけでしょ?」と疑いの目まで向けるほどだった。そんな設楽さんの勘繰りを払拭するかのように、ローラの解説入りテキパキクッキング映像が続いた。

「トマトに含まれるグルタミン酸と、お魚に含まれるイノシン酸の組み合わせってスゴイいいんだって♪」

 と、学んだ知識を活かしながら魚を調理するローラ。なんでも、現在オーガニック料理にどハマリ中だそうで、こだわりのレシピを作ってはブログにアップしているとのこと。番組でもその料理写真が何枚か紹介されていたのだが、盛り付けもオシャレでとっても美味しそうだった。

「酵素玄米にハマってて〜、普通のお米より消化がいいし、体にもいいの♪」

 と、モデルさんや女優さんが最近トーク番組に出演するとよく話題にしている酵素玄米の良さについても解説。やはり綺麗な人は酵素玄米を食べがちなんだなぁ。私は“美や健康”よりも「手間がかかりそう」という“へこたれ意識”が先行してしまい、あまりチャレンジしてみたいとは思わないのだが……。

意外な夢

 食生活にこだわるだけでなく、ボクシングジムにも通って抜群のプロポーションを維持するなど、モデルとしてのプロ意識が高いローラであるが、元々モデルを目指していたわけではなく別の夢があったそうだ。

 彼女が子供の頃に憧れていたのは「カッコ良くって、世界中のいろんな人と交流できるから楽しそう」という理由からスチュワーデス(CA)さんだったとか。けれども中学生の時に視力がどんどん悪くなってしまい、「スチュワーデスさんにはなれなくなってしまう!」と焦った彼女は、毎日学校から帰って来ると自宅のベランダから遠くの山や緑を眺めたりして、原始的な視力回復法にトライし続けたそうだ。なんだかローラらしい〜♪

 しかし、その地道な努力は実らず、夢を諦めかけていた矢先に渋谷で今の事務所の社長さんからスカウトされたのだとか。

「お〜? ちょうど今、目が悪くなって来たし〜って思ってたから、『オッケー!』って言って、それからモデルの仕事を始めることになった」

 と、なんともすんなりモデル界に足を踏み入れたことを明かした。やっぱローラだ〜! ローラは昔からあの「オッケー!」ローラだったんだ〜!

 モデルとしての活動に密着したVTRが流れると、バラエティー番組では決して見せないような真剣な眼差しで撮影に取り組むローラの姿が映っていた。モニターで自分のポージングをチェックすることについて、

「最初の頃は恥ずかしくてしなかったの。でも『やらなきゃ、ちゃんと』って思って。中途半端にやると中途半端な物ができるし」

 と、ローラらしからぬ(?)真面目な発言にバナナマンの二人は「おい、おい〜!」「これローラがしゃべってるの?」と、しきりに疑惑目線でツッコんでいた。

 ローラいわく、モデルを始めたばかりの頃は仕事を軽く考えていたためモデルとしての意識が低かったそうだ。けれども、仕事を続けていくうちに生半可な気持ちではモデルは務まらないことを悟ると、本気でモデル業に取り組むようになったのだとか。

「夜遊びは一切行かなかったかも。本当に上に行きたい気持ちがあったら、絶対努力しないとできないから。ボーイフレンドもずっといなかった」

 と、本気度が伝わる下積み時代を語ってくれた。マイペースで奔放なイメージが強いけれど、根は真面目な人なんだなぁ。モデルの仕事を追求してプロ意識が高まった末に行き着いたのが体作りの基本、「食」に関することであったのだ。

「今は栄養学を勉強してて、今度、資格を取りたいな〜って思ってる♪」

 と、新たな野望を目指す決断をテレビで初告白していた。ローラのVTRが終わると、スタジオでは設楽さんが「見たことのないローラがいっぱい見れた〜」と、その意外性に満足していたり、日村さんが「ローラのVTRを見た感じがしないっ」と不思議そうにしていた。確かにバラエティー番組で見るローラと相当ギャップがあり不思議な気分になったかも。

 ローラは今週放送された『SMAP×SMAP』(同局)の「BISTROSMAP」にゲスト出演した際も、その場でパパッと調理し“お手軽美味アップルスイーツ”を披露してSMAPのみんなを驚かせていた。そんなところからも普段から日常的に料理に励んでいることがうかがえた。

 実は真面目で努力家なローラのことだから、栄養学の資格もいつの間にかサクッと取得して「私、栄養学の資格持ってるの〜! 本当だよ〜、ウフフ〜♪」なんて言いながら、オーガニックレストランのプロデュースなんかにも軽やかに手を伸ばしちゃうような気がする。プロ意識が高くて常にアクティブに活動する彼女が、次にどんな驚きの決断を見せてくれるのか楽しみである。

■テレ川ビノ子/テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

messy

「ローラ」をもっと詳しく

「ローラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ