「女芸人No.1決定戦」敗れたニッチェが大好評

12月12日(火)15時30分 まいじつ


画像はイメージです(C)Shutterstock



12月11日に放送された『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)で、お笑いコンビ『ニッチェ』が切れのあるコントを披露して大きな話題を集めた。対して、番組内でニッチェと対戦した芸人を酷評する意見も多く見られた。


この番組は、女性お笑い芸人のナンバーワンを決めるべく、10月13日から予選が開催されていたお笑いコンテスト。優勝者には賞金1000万円が与えられるとあって、全国から636組の女性芸人が参加した。


予選を見事に突破した10組のなかで、まず大きな注目を浴びたのがニッチェだった。ファミリーレストランで働く従業員と社長のやり取りをコントの題材にし、会場の爆笑を誘っていた。


インターネット上でもニッチェのネタはすぐに話題となり、ツイッターは《やっぱりニッチェは面白い!》、《ニッチェのコント最高!》と絶賛するコメントで溢れた。



最終決戦で敗れるも高評価のニッチェ


ニッチェとファーストステージで対戦したお笑いコンビ『はなしょー』は、コント終了後に「直前まで嘔吐いていた」と発言して涙ぐむなど、相当の緊張感と覚悟を持って挑んだようだった。しかし、結果は大差でニッチェが勝利を収めた。


ネット上では《はなしょーのネタはジャングルポケットのパクリじゃない?》、《お客さん笑っているけど、はなしょー全然面白くなかったね》など、彼女たちのコントを酷評する声が多く見られた。


はなしょーに勝利し、最終決戦に進出したニッチェだったが、5組中で4位と残念な結果に終わり、優勝はゆりやんレトリィバァだった。しかし、ネット上では《ニッチェ面白かった!順位は関係ない!》、《ニッチェは喜劇というものを知ってる》などの投稿が寄せられていた。


今年から開催された女芸人No.1決定戦 THE Wだが、女性版の『M-1グランプリ』となるか、来年以降の開催にも注目したい。



【画像】


(C)Duplass / Shutterstock


まいじつ

「芸人」をもっと詳しく

「芸人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ