ギャルママ・日菜あこ、受験勉強に苦慮 「あるあるパターンにどハマり」

12月12日(木)9時1分 しらべぇ

(画像は日菜あこ公式ブログのスクリーンショット)

元カリスマギャルモデルの心育児研究家の日菜あこが11日、自身のブログを更新。高校受験に挑んでいる中学3年生の息子についての内容を投稿している。高校受験となれば今が大切な時期だが、なかなか勉強に集中してないそうだ。


■受験勉強に必死なのは母だけ?

「『受験』について息子と喧嘩」とのタイトルで更新した日菜。高校受験でもっとも大切とも言われる年の瀬だが、受験について必死なのは「母の私だけで…」とのこと。本人に身が入っていないようだ。

進路が決まらいとの理由で公立と私立を併願で受けているそうだ。そして私立についてはようやく決まったそうで「高校に行けないって事は
なくなった!」と日菜も一安心のようだ。


関連記事:挫折味わえた、いじめから解放…経験者が思う「中学受験して良かった理由」

■安心しすぎるのも禁物…

まだ公立受験が控えているので、油断は禁物。しかし私立の合格が決まった途端にゲームを始めたという。「まだ受験終わった訳じゃないんだから勉強はちゃんとしなきゃだよ!」と言ったが、息子の耳には届かなかったようだ。

「私立決まったら勉強しなくなる…」と心配しきり。さらに「高校受験のあるあるパターンにどハマりだよ〜」と落胆する母。この気持ちが子供に届く日は来るのだろうか。


■受験が終わっても勉強が終わったわけではない

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,378名を対象に調査を実施したところ、全体の38.9%が「受験勉強が終わっても勉強しておくべきだった」と回答している。

生涯学習グラフ1

後悔先に立たず。日菜の子供がいつか公開しても時間は取り戻せない。今から勉強して後悔しない未来を迎えてほしい。もっとも若い頃ほどこの事実に気づかない。


・合わせて読みたい→ギャルママ、居眠り姿を中1娘に盗撮され感謝 「どこまで出来た娘なんだ」


(文/しらべぇ編集部・大山 雄也



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年5月20日〜2016年5月23日

対象:全国20〜60代の男女1378名(有効回答数)

しらべぇ

「受験」をもっと詳しく

「受験」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ