『ねほぱほ』元メンヘラ製造機が登場 依存をコントロールする方法に納得の声

12月12日(木)9時21分 しらべぇ

ねほりんぱほりん

11日に放送された『ねほりんぱほりん』(NHK)には、元メンヘラ製造機の女性が登場した。メンヘラは元々、メンタルヘルスから派生したネット用語で、「心を病んでいる人」を指す表現として使われ始めたといわれている。

今回、4人の男性をメンヘラにしてきたという女性が、現在の生活ぶりを明かした。


■依存を恐れるあまり彼氏との接触は6日…

現在は彼氏がいるという女性。女性は、横断歩道を渡ろうとしているおばあさんの荷物を持ってあげた男性(今の彼氏)をたまたま見て、「絶対良い人じゃん!」と確定し好きになったという。

そんな女性は彼氏への依存を恐れるあまり、彼氏に依存しないために、メールは週に1回、会うのは2週間に1回で、こちらから接触をするのは月30日の2割である6日ぐらいと決めているそうだ。


関連記事:天馬が隠れメンヘラだから? 『花のち晴れ』音が高校転入を断る理由

■依存先を分散させる女性

これまでに数々の男性をメンヘラ化させてきた女性は、「依存って、何か一つのものに対して執着するから相手も重く感じちゃう」と、自分の経験をもとにそう語った上で、現在は「依存先を分散させている」と明かした。

女性は、今や依存先として、マッサージや動物園で動物を触るなど、自分が喜ぶことに時間をかけているそうだ。

■同意・納得の声殺到

「依存先を分散させている」と発言した女性に対し、視聴者からは「「依存先を複数持つ」は同意するね」「なるほどなぁと思いました」と、同意する声や納得の声が上がった。

ひとつに集中してのめり込むのではなく、依存するのであれば、同時にいくつかのものにしておいた方が良いという言葉は、多くの視聴者に響いたようだ。


■メンヘラ女子との交際経験は…

しらべぇ編集部が、全国20代〜60代の男性679名を対象に調査を実施したところ、20代男性が最も「メンヘラ女子と付き合ったことがある」と回答。

最も多い20代でおよそ1割だが、その結果は年代順に減っていることが分かった。自分でメンヘラ気味だと感じる人も「依存先を分散させる」という方法を使えば、思考や生活に余裕ができるかもしれない。


・合わせて読みたい→田代まさし容疑者、4回目の逮捕 親交ある牧師「苦しみ続けたのでは…」


(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2015年12月22日〜2015年12月24日

対象:全国20代〜60代の男女1,353名

しらべぇ

「製造」をもっと詳しく

「製造」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ