最上もが、まさか孤独死寸前か!?幻聴も告白で心のケアを心配する声も

12月13日(木)16時15分 アサ芸プラス

 元でんぱ組.incでタレント・モデルの最上もがが、精神面での大きなアップダウンを見せているようだ。

 12月2日にはバラエティ番組「有吉ぃぃeeeee!」(テレビ東京系)にゲスト出演し、「ぷよぷよ!!クエスト」のマルチプレイをエンジョイ。有吉弘行タカアンドトシらレギュラー陣と和気あいあいとプレーを楽しんでいた。また12月6日に更新した公式ブログでは、「LINE BLOG OF THE YEAR 2018【グランプリ】」に選出されたと報告。〈色んな人に読んでもらって、何かを感じて頂けたのなら、それはとても嬉しいです〉と受賞の喜びを報告していた。

 ところが12月10日には、公式ツイッターで〈なんか、人を愛したい。恋人が欲しい。(理想は2次元なんだけど)〉と孤独感をアピール。さらに本人が最も更新しているという公式LINEアカウントでも、12日には〈孤独な一週間、はじまりました。がんばろー〉と投稿しており、孤独モードに陥った様子を見せているのである。

「それに加えて同じ12日には、ツイッターで《耳元で虫の音がするってびっくりして、とびあがったけど何もいなくてびっくりした》と報告。その時は一人でいたようで、《誰かに見られてたら恥ずかしいやつや》と笑い話にしていましたが。幻聴が聞こえていたとしたら相当ヤバい状況ではないでしょうか。ただでさえ精神面のもろさを指摘されがちな最上ゆえ、ファンからも心配の声があがっています」(芸能記者)

 そんな最上の状況を、他人事と笑っていてはいけないと、医療系のライターが指摘する。

「最上と同様に過剰な孤独感を抱いたり、幻聴などの症状が出ることは、決して珍しいことではありません。一般人でも同様の症状を訴えたり、時には気が付いたら外を出歩いていたというケースも報告されています。これらの症状では大きなストレスや疲労が原因の一つになっていることが多く、症状の改善には時間がかかるもの。最上は『心と身体のバランスが取れなくなった』ことを理由にでんぱ組を脱退しましたが、そのアンバランスがいまでも抱え続けているのかもしれません。周囲の人はそんな症状に気づいたら、やさしく温かく見守ってあげるといいでしょう」

 最上に限らず孤独を訴えている人がいたら、相手の言うことを否定せず、じっくりと耳を傾けてあげるのが良さそうだ。

(金田麻有)

アサ芸プラス

「最上もが」をもっと詳しく

「最上もが」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ