過激な描写は真っ黒に ホラー漫画「殺戮モルフ」が一部黒塗りで刊行、原作者は事後報告に呆然

12月13日(水)19時3分 BIGLOBEニュース編集部

画像は外薗昌也Twitterスクリーンショット

写真を拡大

ホラー漫画「殺戮モルフ」の最新刊が一部黒く塗りつぶされて刊行されると、原作者の外薗昌也氏がTwitterで報告した。外薗氏は黒塗りになったページを公開し、怒りと悲しみが入り混じった胸の内を綴っている。


「殺戮モルフ」は、原作・外薗昌也氏、漫画・小池ノクト氏によるパニックホラー漫画。頭に刃を刺したり、首を切り落としたりと過激な描写が随所にみられる作品となっている。秋田書店から単行本が刊行されており、第2巻の発売を12月20日に予定している。


しかし、第2巻ではグロテスクなシーンが真っ黒に塗りつぶされていることが明らかになった。外薗氏が公開した画像では、半分以上を黒塗りされたページが2枚続き、登場人物が「きゃーーーッ」と叫んでいるものの、何が起こっているのかは全くわからなくなっている。


これを発行元の秋田書店から連絡を受けて知った外薗氏は、「全く相談無しだった」と呆然。どう対処しようかと悩んだ末、「知らずに買ったお客さんのこと考えると黙ってるわけにもいかん」と思い立ち、「真っ黒でなにがなんだかさっぱりわかりません 前代未聞」と公開に踏み切った。


外薗氏によると、黒塗りは有害図書に指定され連載を中断したくないという編集部の判断とのこと。しかし、規制が厳しくなってることは認識しているため、一言相談があれば「構図を反転したりシルエットかぶせたりアップや引きで誤魔化す」ことができたという。今回の事態に「こんなことやるんなら出さないほうがいい」「読者にもクリエイターにも失礼だし、潔くない」「もう何を信じていいんだかさっぱりわからないです」と胸の内を綴っている。


その後、秋田書店と話し合ったという外薗氏は、問題のシーンのあるエピソードはホラー漫画試し読みサイト「恐ろし屋」で公開すると報告した。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「ホラー」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ホラー」のニュース

BIGLOBE
トップへ