「アリマ、行きまーす!」JRA×機動戦士ガンダム「有馬戦士ガンダム」始動 古谷徹と池田秀一がアムロとシャアの名セリフをパロディ

12月13日(木)13時4分 BIGLOBEニュース編集部

(C)創通・サンライズ

写真を拡大

日本中央競馬会(JRA)は13日、「機動戦士ガンダム」とコラボレーションした特設サイト「有馬戦士ガンダム」を公開した。


「有馬戦士ガンダム」は、12月23日に第63回有馬記念(GI)を開催することを記念して公開。ガンダムの世界観と有馬記念が融合したオリジナル動画「NEW TYPE MOVIE」や、シャア・アズナブルと競馬の魅力に触れるゲーム「育成のシャア〜ジオン競馬場で学べ〜」、「ガンダムキャラクター×モビルスーツ」デザインの「ガンダム馬券」が生成される「ハロガチャ」を楽しむことができる。


「NEW TYPE MOVIE」では、アムロ・レイ役の古谷徹とシャア役の池田秀一が再集結し新たに収録した約2分の動画「有馬戦士ガンダム MOVIE」2本とショートムービー「有馬戦士ガンダム STORY」20本を一挙公開。「有馬戦士ガンダム MOVIE」は、2016年と2017年の有馬記念のレース映像とキャラクターたちの名セリフが重なり合い、ドラマティックで迫力あるレース展開を楽しめるもの。アムロ・レイの「アリマ、行きまーす!」、シャアの「見せてもらおうか。有馬記念のレースとやらを。」「連邦のサブレッドは、化物か。」など、往年の名台詞がコラボ用にアレンジされている。ショートムービー「有馬戦士ガンダム STORY」は、「ガンダム、有馬に立つ!」「赤い彗星の有馬」「ガルマ、散る」「ジェットストリーム有馬」など、原作の名場面と過去の有馬記念の名シーンがクロスオーバーするものとなっている。


「育成のシャア〜ジオン競馬場で学べ〜」では、シャアとともに、競馬の魅力に触れながら3つのゲームにチャレンジし、結果を診断できるコンテンツ。馬名を記憶するゲーム「シャアの指示を復唱せよ!」、タイミングゲーム「サラブレッドを見極めよ!」、馬券マークカードをすばやくタップする3つのゲームが遊べ、「ジオン軍の階級」で表示される診断結果の最高階級「赤い彗星」を目指す。


「ハロガチャ」は、ハロにタップすると「ガンダムキャラクター×モビルスーツ」の組み合わせでデザインされたオリジナル「ガンダム馬券」がランダムに生成されるというもの。今年の有馬記念の結果(枠連)と同一の組み合わせの「ガンダム馬券」を、規定のハッシュタグをつけてTwiiterに投稿すると、「AIハロ」や電子マネーギフト10万円分が当たるキャンペーンを実施する。






BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「ガンダム」をもっと詳しく

「ガンダム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ