【予告編】林遣都×市原悦子『しゃぼん玉』 主題歌は秦基博の名曲「アイ」

12月13日(火)17時30分 シネマカフェ

映画『しゃぼん玉』 (C)2016「しゃぼん玉」製作委員会

写真を拡大

年明けからNHK朝の連続ドラマ「べっぴんさん」にも登場する林遣都が主演を務める『しゃぼん玉』。直木賞作家・乃南アサのベストセラー小説の映画化となる本作から、待望の予告編が解禁。秦基博の名曲「アイ」の弾き語りVer.が主題歌に起用されている。

親の愛を知らずに育ち、通り魔や強盗傷害を繰り返す無軌道な若者・伊豆見翔人(林遣都)。あるとき、誤って人を刺してしまった彼は、逃亡の途中に老婆・スマ(市原悦子)を助けたことがきっかけで、彼女の家に居座ることに。初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、スマをはじめ村の人々とのふれあいによって、伊豆見は人生の大きな決断をすることに…。

生まれて初めて愛を知った人間が、自分の居場所をみつけ再生していく過程を描いた本作。乃南アサの同名ベストセラー小説を、阪本順治監督や和泉聖治監督の元で助監督を務め、「相棒」シリーズで演出を手掛けてきた東伸児が初監督で映画化した。

Netflixオリジナルドラマ「火花」主演をはじめ、近年の活躍が目覚ましい林さんを主演に、伊豆見が逃亡先で出会う老婆スマ役には、日本を代表するベテラン女優・市原悦子。さらに、『デスノート Light up the NEW world』の藤井美菜や、綿引勝彦、相島一之ら実力派が脇を固める。

全編が宮崎県の「天孫降臨ひむか共和国」一帯で撮影されただけあり、予告編映像でも、大自然に抱かれた山深い村の生活が人間ドラマの中に映し出されていく。今回、泰さんの主題歌起用に関しては、東監督をはじめ製作サイドが、“宮崎県にゆかりのある”シンガーとしてラブコールを送ったところ、なんと本作を観た秦さん本人から、自身の“ターニングポイント”となった「アイ」(‘10年発表)の提案があったという。本作の持つ“無償の愛”と曲の歌詞に込められた“愛のあたたかさ”が融合し、人々の心に確実に何かを残すものへと昇華させるということで、監督含めスタッフは全員一致で即決。弾き語りバージョンにて、起用されることになった。



泰さんは、「生きることの困難さや、自分たちの抱える矛盾——善悪とは何か、本当の意味での優しさとは何か、といったことについて、改めて考えるきっかけをくれる作品でした」と、本作に触れた感想をコメント。「主人公が初めての土地で様々な人たちと出会い、初めての感情を知っていく…そんなところが『アイ』という楽曲の世界観に合っていると思いました」と、映画との融合に手応えをのぞかせる。

また、「『アイ』は、もともと秦さんの曲の中でも特に好きな1曲」と言う林さんは、「主人公・翔人の誰にも伝えることのできない切ない思いを代弁してくれているかのようで、撮影時に見ていた景色や抱いていた感情が頭を駆け巡りました。よりいっそう公開が待ち遠しいです」と、万感の思いでコメントを寄せている。

『しゃぼん玉』は2017年3月、シネスイッチ銀座ほか全国にて公開。

シネマカフェ

「林遣都」をもっと詳しく

「林遣都」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ