広瀬すず「お母さんって大変」『なつぞら』での母親役初挑戦を振り返る

12月13日(金)16時20分 マイナビニュース

女優の広瀬すずが、美容雑誌『VOCE』(講談社刊)が表彰する「2019年“最も美しい顔”」に選出され13日、都内で行われた「VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2019」に出席。ヒロインを演じた2019年度前期連続テレビ小説『なつぞら』を振り返った。

1年間を通してビューティー界でたくさん話題を呼び、大きな影響を与えた著名人を表彰する“最も美しい顔”。広瀬は「私なんかでよろしいのか、と思うくらい光栄な賞をいただいたなと思います」と恐縮気味に受賞の喜びを語った。

今年は、朝ドラ『なつぞら』でヒロインを演じて注目を集めたが、「長丁場の現場が多かったので、新鮮な一年だった。辛抱強くなりました」と振り返り、「朝ドラだったり、初舞台もやらせていただいて公演回数が多かったので、踏ん張る瞬間が多かった。新しい出会いや、今まで出会ったことない景色を見たり、そういったことが多かった一年でした」と充実した表情を見せた。

『なつぞら』のヒロインとして母親役にも初挑戦。「娘ちゃんがいました。すごい新鮮でした。お母さんって大変だなと思いましたが、可愛かったです」と笑顔で話し、「精神年齢が近いんじゃないかなって思えてくるくらいずっと一緒に遊んで、特別な存在にもなりましたし、お母さん役ってこんな感じなんだなって、すごい楽しかったですけど難しかったです」と感想を語った。

マイナビニュース

「広瀬すず」をもっと詳しく

「広瀬すず」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ