天才テリー伊藤対談「梅田彩佳」(4)学校の先生の仕事も楽しそうだね!

12月14日(金)17時57分 アサ芸プラス

テリー 今でも、AKBの1期・2期メンバーと会ったりしている?

梅田 2期生が全員入っているLINEグループがあるので、それを通じて年に1〜2回は集まっている感じです。

テリー いいなァ、俺も入りたいよ、そのグループ。もう結婚している子もいるんじゃないの。

梅田 そうですね、3〜4人くらい。もう子供がいる子もいますから。

テリー 梅ちゃんも30歳になると、そろそろ結婚なんて考えちゃうのかな。

梅田 それはもう。やっぱり憧れますね。

テリー じゃあ、すてきな旦那さんを見つけるためにセクシーさをアピールしなきゃ。今度出るファースト写真集「Last of Summer」を見させてもらったけど、表紙から手ブラ写真で勝負に出ているね。タイトルの意味は何なの。

梅田 平成最後の夏で、私の20代最後の夏でもあるので。自分ではけっこう頑張ったつもりなんですが、AKB時代はグラビア要員ではなかったので、どういう写真が皆さんに喜んでもらえるのか正直わからなくて。

テリー そうか、ソロの写真となると悩んじゃうか。

梅田 なので、今回は全て出版社の方やマネージャーさんに写真のセレクトをお任せしたんですよ。

テリー そうか、じゃあ自分でも意外な写真が選ばれて、一読者として楽しめちゃったんじゃないの。

梅田 そうなんですよ。出版イベントも16日にあるので、来てください。

テリー じゃあ、ぜひ手ブラで登場してよ。

梅田 ダメですよ、サインをする時、トップが見えちゃいますから(笑)。

テリー 最近、タレント活動に加えて、学校の先生も始めたんだってね。

梅田 はい。今年の5月から、北海道芸術高等学校横浜サテライトキャンパスの「ダンス&ボーカルコース」で、毎週水曜日の授業を担当しているんです。

テリー 具体的に何を教えているの。

梅田 私はパフォーマンスの担当で、AKBの時に習ったことを、生徒のみんなに教えています。

テリー 梅ちゃんが先生だと、生徒さんも毎回ドキドキだよね。

梅田 いえ、普通の先生として扱ってくれています。将来の目標を聞いてみた時に「アイドル」と答えた子がいて、好きなアイドルを尋ねてみたら「欅坂46です」と言われて「悔しい〜!」と思って(笑)。

テリー ハハハ。でも、そんなやりとりも新鮮でしょう。

梅田 それはもう。まだまだ勉強中ですが、楽しくやらせてもらっています。以前、新潟のNGT48メンバーに振り付けを教えたことがあるんですが、ちょうど初期のAKBの雰囲気が思い出されて、こちらも刺激をもらえたんですよ。

テリー AKBも含めて、梅ちゃんは舞台経験が豊富だから、若い人たちも学ぶところが多いんじゃないかな。

梅田 私自身、宮本亜門さん演出のミュージカル「ウィズ〜オズの魔法使い〜」にドロシー役で出させていただいた時、歌や踊り、演技の楽しさをあらためて感じたんです。人に教える立場になると、そんな自分の思いを伝えられる喜びも感じられるようになって。

テリー うん、わかる。相互で刺激になるんだよね。

梅田 そうなんですよ。なので、演者としての自分と教師としての自分、その両面で今後も頑張っていけたらいいな、と思います。

◆テリーからひと言

 梅ちゃん、相変わらずいい子だなぁ。しゃべり方に人柄がにじみ出ているよ。AKBの海外グループもいいけど、今度できるカジノのステージダンサーなんかも似合うんじゃない?

アサ芸プラス

「梅田」をもっと詳しく

「梅田」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ