「モトカレマニア」、視聴率「ワースト更新」の原因は“井上尚弥の扱い方”!?

12月14日(土)17時58分 アサ芸プラス

 12月12日に最終回を迎えたドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系)。

 新木優子高良健吾によるダブル主演をはじめフリーアナの田中みな実の出演など、注目を集めた作品だったが、視聴率は低迷を続けた。初回の5.8%(ビデオリサーチ調べ・関東、以下同)を一度も上回ることなく最終回は4.2%。結果、全9話の平均視聴率が4.42%となり同局系「木10枠」のワーストを更新してしまった。

 なぜ同作は「爆死」してしまったのか──。

「さすがにここまでひどい結果になるとは想定外でしたね」と語るのはフジテレビ関係者だ。続けてもらおう。

「主演のふたりが『実力派』で少々地味ではあるものの、ネット上でも序盤からストーリーが好評。さらに『途中から見てもおもしろいドラマ』だったので視聴率回復のチャンスは何度もあったはずなんです」

 そんな同作について「『非常に悔やまれる出来事』がある」と同関係者。

「11月7日の第4回は前番組の『ボクシング 井上尚弥VSノニト・ドネア戦』が押して30分遅れの放送となったのですが、この時の『局の判断』が視聴者の反感を買うことになってしまったんです」(前出・フジ関係者)

 その判断とは。

「試合後、井上の勝利インタビューを中継せずに半ば強引な形でドラマをスタートさせてしまった。当時、ネット上では『モトカレマニアは二度と見ない』といった声であふれかえっていましたね」(前出・フジ関係者)

 紙一重の判断ミスであったか。

(牧マコト)

アサ芸プラス

「視聴率」をもっと詳しく

「視聴率」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ