サッチー 亡くなる前日まで野村克也氏とホテルディナー

12月14日(木)7時0分 NEWSポストセブン

亡くなる前夜も夫妻でホテルディナー

写真を拡大

 東京・田園調布にある自宅から都心に向かって車で30分ちょっと。赤坂にある名門「ホテルニューオータニ」のロビィフロアのカフェレストランには、毎晩のように野村克也さん(82才)と野村沙知代さん(享年85)夫婦が姿を見せた。


 夫婦の“指定席”は、広いホールのいちばん奥のテーブル。ふたりがソファに腰を下ろすタイミングで、いつものアイスカフェオレとホットコーヒーがテーブルに運ばれてくる。


「野村監督が東北楽天イーグルスを辞めて仙台での“単身赴任”から東京に帰った2010年以降、たまに気分を変えてホテル内の和食や寿司、中華を食べることもありましたが、いちばんのお気に入りがこのレストラン。それも、必ず夫婦並んで一緒に食べていました。監督に新聞や雑誌のインタビューがあれば、夕方からそのテーブルで取材を受けて、19時頃に沙知代夫人が合流する。東京ドームでナイターの解説があれば、先に夫人がお店に入り、22時すぎに監督が駆けつける。とにかく、いつも食事は一緒でした」(スポーツ紙野球担当記者)


 本誌・女性セブン記者は半年ほど前、レストランで沙知代さんを見かけた。少しやせた印象だった。「最近、テレビでお見かけしないですね」と声をかけると、「元気でやってるわよ。何かあったら、電話してきなさい」といつもの張りのある声で返してもらった。


 沙知代さんが亡くなる前日の12月7日の夜も、そのレストランで、いつものように夫婦で食事をとった。


 知り合って45年以上。会話が弾むわけじゃない。めったに笑顔を見せるわけでもない。でも、いつもの夫婦のテーブルには、老いてなお、慈しむように過ごしたふたりの時間が、深く沁み込んでいる。


「サッチー」の愛称で親しまれた沙知代さんが12月8日、亡くなった。克也さんが昼頃に目覚めると、隣のベッドで休んでいた沙知代さんが「左手を出して。手を握って」と声をかけた。


「そんなことを言うなんて、珍しいな」と笑いながら克也さんがそっと手を握る。それからふたりで起きてダイニングに向かったが、沙知代さんは食事にひと口手をつけただけで、テーブルで意識を失った。


 午後4時すぎ、沙知代さんは救急車で搬送された病院で息を引き取った。虚血性心不全、享年85。克也さんは「あっけない。こんな別れがあるのか」と茫然と語った。



「5、6年ほど前から耳が遠くなり、テレビやイベントに出演することもなくなりました。やっていた野村監督のスケジュール管理も、ダブルブッキングなどが多くなって、息子の団野村氏らが引き継ぎました。とはいっても、80才近くまで現役でバリバリやっていたこと自体がすごいことです」(スポーツ紙デスク)


 2016年10月、自宅で転倒して骨折し、1か月ほど入院したことで、歩くことも極端にゆっくりになった。それでも、克也さんは彼女を連れて“夕食デート”を欠かさなかった。


「ここ数年、生活に多少の支障はありましたが、隣に住む息子・克則の奥さんや団野村氏のサポートで、何不自由なく暮らしていました。知人たちは“あんなに幸せそうに逝けてうらやましい”と彼女を偲んでいます」(野村家の知人)


 沙知代さんは生前、こんなことを語っていた。


〈私は常々、「(中略)夫に迷惑をかけない、子に迷惑をかけないで逝くのが、夫婦孝行であり家族孝行」と考えています。〉(『夫の転がし方』角川書店)


 そんな「ピンピン、コロリ」の最期を迎えるため、いつも生活を工夫してきたという。闘病生活を送ることもなく、入院もなく、老人ホームに入ることもなく、沙知代さんは前日までお気に入りのレストランでディナーを楽しんだ。また、別の知人にはこんなふうにも語っていたという。


「私が先に死んだら、あの人(克也さん)はどうするのかと思ったら、死んでも死にきれないわよ。でも、もし私が先に逝くことがあったら、その時は(克也さんに)手を握ってもらいたい」


 実際、沙知代さんは最期のとき、手のひらに克也さんの温もりを感じることができた。最期の瞬間まで夫婦が寄り添い歩んできた道行。夫に愛され、家族に愛され、誰に迷惑をかけることなく、あっさりと潔く──それは、誰よりも愛情深き生き方を貫いた“サッチーらしい逝き方”だった。


※女性セブン2018年1月1日号

NEWSポストセブン

「野村沙知代」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「野村沙知代」のニュース

BIGLOBE
トップへ