青汁王子、成功するために「携帯の待受画像を変えた」 その理由に脱帽

12月14日(土)8時21分 しらべぇ

三崎優太氏(画像は三崎優太公式Twitterのスクリーンショット)

「青汁王子」として知られる実業家・三崎優太氏が、自身のYouTubeチャンネルを更新。多くのユーザーから寄せられる「どうやったらお金持ちになれますか」という質問に答えた。


■「やるか、やらないか」の違い

三崎氏は、18歳のときに起業。青汁製品が大ヒットし、20代で年商130億円の会社に成長させた。

「頑張ってこられたことが、僕の人生の誇りになっています」と語り、成功できるかどうかは「単純にやるか、やらないか。本当に自分次第だと思います」と断言する。


関連記事:青汁王子、坂口杏里に100万円“寄付” 「日本を代表するクズ」とチクリ

■「人生詰んだ」状況からの大逆転

そして「僕の人生を振り返ってみると、家庭環境もそんなに良くありませんでした。特別お金持ちなわけでもありません。中学もろくに行かず、高校も2回も退学になりました。社会的にも不適合者でした。アルバイトも何も受からない、最悪だったんですよ」と、自身の生い立ちを振り返った。

起業した当時は就職できず、親にも見放され「人生詰んだ」状態だったという三崎氏だが、その逆境が次第に「覚悟」へと変わっていったという。

■携帯の待受に「目標」を設定

三崎氏は、成功できない要因について「大体の人が途中で諦めちゃうんですよ。『よーし、今日俺やってやる!』って思っても、明日には諦めている人が多い。忘れちゃってる。熱意が続かないんですよね」と指摘する。

そんなときは「自分のやりたいこと、目標や夢というのを携帯の待ち受けにします。生活している家の壁とかにずっと貼っておくんです」と三崎氏。

「寝てるとき以外は、自分が成し遂げなきゃいけない目標が嫌でも目に入る状況を作っています」「それを見る度に、俺は絶対にこれをやらないといけない、そのために何をしよう…と考える時間が増える。それがとても大事だと思う」と力説した。


■収入を上げるために努力をしている?

諦めずに努力することこそが、成功の秘訣だと語った三崎氏。ノーカットの動画には「凄く刺さりました」「自分自身が自分のことを一番諦めている。まさに その通りなんだろうな」など、多くの反響が寄せられている。

なお、しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の有職者666名を対象に実施した意識調査にて、「収入を上げるために努力しているほうだ」と答えたのは、全体で4割弱という結果に。

動画では、記事では触れていない「お金持ちになるには、お金を敬わないといけない」ということについても語られている。三崎氏が今でも行なっている、お札のしまい方なども紹介されているので、ぜひチェックしてみてほしい。


・合わせて読みたい→坂口杏里、青汁王子の100万円に続き「オンラインカジノ10万円プレゼント企画」に応募


(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年3月23日〜2018年3月27日

対象:全国20代〜60代有職者の男女666名 (有効回答数)

しらべぇ

「青汁」をもっと詳しく

「青汁」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ