鈴木京香、長谷川博己との“破局”原因は「母親の介護」と「長谷川の“大成”」?

12月15日(土)9時59分 アサ芸プラス

 俳優の長谷川博己とすでに事実婚状態で結婚間近とも言われていた女優の鈴木京香が、この恋にピリオドを打ったと12月13日発売の「女性セブン」が報じた。

 それによると長谷川は、現在放送中のNHK朝ドラ「まんぷく」(NHK)の撮影のため大阪にホテル住まい。オフの日に帰京するも、鈴木の住むマンションには帰らず、別のマンションへ帰って行ったという。

 鈴木の友人によると、長谷川が役者として大成したことで鈴木は別れを決意。これからは、新たな人生を築くと決めたそうだ。また、鈴木は仙台で独り暮らしをしていた母が体調不良のため、東京に呼んで病気静養させているとある。

 家族問題に詳しいジャーナリストは「鈴木さんのようなケースは、30代後半から40代の男女、共通の問題」と、こう指摘する。

「近年は晩婚傾向にあり、30代では仕事を優先させる方が増えてきました。ですが、女性は、35歳を迎えるころになると、結婚を意識します。ここで相手が年下の場合、格差婚と言われないよう、男はひたすら仕事に打ち込む。そのうちにどちらかの親に介護の必要が出てくると、地方の実家に帰らざるを得ない状況になることもあるのです。それが原因で、結婚に尻込みしてしまう人も少なくありません。このようなケースを見聞きするたびに“結婚はタイミング”だとつくづく思います。ただ、悲しいことばかりではありません。親の面倒を見ながらでも、同じような境遇の人と出会い、辛さや悩みを分かち合ううちに、結婚につながったというケースもあるのです」

 料理をはじめ、家事は得意だという家庭的な鈴木。魅力いっぱいの彼女を、世間の独身男性が放っておくはずはない。きっと新しい出会いが待っていることだろう。

アサ芸プラス

「長谷川博己」をもっと詳しく

「長谷川博己」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ