『同期のサクラ』理想の押しつけ?真剣佑ら同期に批判集中

12月15日(日)11時0分 女性自身

高畑充希(28)主演ドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)の第9話が12月11日に放送された。17年に高畑主演で話題を呼んだ『過保護のカホコ』の脚本家・遊川和彦氏やスタッフが再集結。どこまでもまっすぐな性格のサクラ(高畑)と4人の同期たちとの10年間を描くドラマだ。



2019年12月、ついに9か月間の長い眠りから目覚めたサクラ。以前のように夢を語るサクラに同期たちも「やっとサクラが帰ってきた!」と喜ぶ。いっぽう、退職させまいとしていた黒川(椎名桔平)の尽力もむなしく、サクラは花村建設を解雇されてしまう。前向きに就活をするも、なかなか仕事が見つからない。また、サクラに悩みを相談する同期たちも知らないうちに成長していて……というのが第9話のあらすじ。



女性の働く環境改善のため起業を考える百合(橋本愛)やNPO法人の代表を依頼されて引き受けるか悩む菊夫(竜星涼)などそれぞれ悩みを抱える同期たちは、復活したサクラに相談する。持ち前の“正直さ”ゆえ就職がうまくいかないサクラは、せめてみんなの力になりたいと決意。メッセージを伝えようと自宅での鍋パーティに同期たちを誘うも、自分の力で答え出した同期たちにドタキャンされてしまう。



成長した同期を見て自信を喪失したサクラは、「やっぱり私みたいに忖度できない人間は東京には合わなかったんです」と島に帰ることを告げる。思いとどまらせたい同期たちは、新人研修でサクラが社長賞を取るべき作品だと絶賛した保育園の建設現場へ連れて行く。そして、サクラの言葉や行動を振り返りながら「自分に嘘つくの?それじゃあ、本当に友達じゃなくなるよ。私たち」「この建物が世界で一つしかないように、北野桜も世界で1人しかいないんだから」と叱咤激励する。



そんな同期たちの言葉は、今は亡きじいちゃんがかつてサクラに送ったFAXのメッセージそのもの。そのことに気づいたサクラは以前のはつらつとした声で「私には夢があります」と高らかに宣言し、自信を取り戻すのだった。



復活したサクラに《サクラ完全復活おめでたい》といった喜びの声があがるいっぽうで、同期たちの行動に複雑な思いを抱いた視聴者も。故郷の島に帰ることを告げたサクラに対して同期たちは「帰ってどうすんだよ」「もったいないよ、サクラみたいな人間が」と、彼女の選択に疑問を投げかける。



最終的には同期の支えによって自信を取り戻したサクラ。ドラマでは肯定的に描かれているが、こうした同期たちの言葉や行動が“自分たちの理想を押しつけているだけ”のように見える視聴者も少なくなかったようだ。批判の声が集中している。



《みんないつまでも「私たちのサクラ」を求めて縛ってるだけで全くサクラのこと助けてないし自分たちのエゴばっかりだし、だからサクラ壊れたんだよ》


《みんなが求めるサクラじゃないといけないとか辛すぎない?それがどれだけ生きにくいかわかるのに「サクラはそのままでいて」って自分の理想押し付ける同期たちよ……》


《みんな全然「休む」ことを許してくれない 自分の理想の桜でいてほしい 走り続けてほしい 休んでいる桜は桜らしくない 桜らしいって何?いつでも叱咤激励する言葉をぶつけてくれること?それができなかったら必要なくなるの?》


《同期は仲間想いなのか自己中なのかよくわからない》



残すところあと1話。果たしてサクラと同期たちが行き着く先に待っているものは——。

女性自身

「サクラ」をもっと詳しく

「サクラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ