「渡ナベ」神経衰弱ゲーム『渡る世間はナベばかり』がアプリでリリース

12月15日(金)12時36分 おたくま経済新聞


 ネットで話題をあつめた、「渡ナベ」という姓の「ナベ」の漢字「辺」「邉」「邊」……24種をあつめたインディーズゲームが、『渡る世間はナベばかり』(iOS版/Android版、基本プレイ無料)として株式会社サウザンドゲームズより2017年12月15日にリリースされました。

 本作は、作者である中村誠氏がインディーズゲームとしてツイッターで紹介したところ、1万2千RTを超えるほど拡散され、テレビや雑誌でも広く取り上げられたゲーム。

 今回のアプリ版ではタイトルにある『渡る世間はナベばかり』のほか、『スピードナベばかり』『ナベカルタ』『おひとりさまでお待ちの渡ナベ様』と、合計4つの遊び方が収録されています。

 さらにナベ知識カードで「渡ナベ」にまつわる豆知識が得られるほか、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語のルールが付属しており、外国の方とも遊べる親切仕様(?)。

 ちなみに、ゲームは3種類の「ベ」からスタートし、『初級者』から『超級者』まで4つの難易度が用意されています。また、24種類の「べ」を使った「格付け」モードでは全国ランキングに対応。クリア時間の限界に挑戦して渡ナベ全国上位をめざしましょう!







【iOS】 https://goo.gl/bYqp3e

【Android】 https://goo.gl/bq8xMj

(C)Macoto Nakamura

(C)Arclight,Inc.

(C)Thousand Games

おたくま経済新聞

「衰弱」をもっと詳しく

「衰弱」のニュース

BIGLOBE
トップへ