松本人志が考えた『今年の漢字』に視聴者驚き 「さすがです」

12月15日(日)12時1分 しらべぇ

松本人志

タレントの松本人志が、15日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で自身の考える『今年の漢字』を発表。ネットからは驚きと感動の声が相次いでいる。


■「『闇』じゃあれだし」

話を振られ、「吉本のことを僕は無視するわけにはいかないし」と、同番組でも何度も取り上げられた吉本興業の闇営業騒動を振り返る松本。「でも『闇』じゃあれだし、宮迫ってのもあれだし。あえて僕はじゃあ…」と前振りをし、「亮」と書かれたフリップを見せる。

スタジオから笑いとツッコミの声が上がる中、「亮をなんとかしてあげたいなという気持ちを込めて」と真面目な顔で語る松本だった。


関連記事:松本人志、宮迫博之との電話内容に「辛すぎる」と悲痛の声 吉本への関与も明かす

■一方、東野幸治は…

また番組MCの東野幸治が挙げたのは、「減」の文字。「周りのタレントがどんどん減ってきたんですよ」「徳井もそうですし…」とイジるような調子で語る東野に対し、松本は「それは減ったのか?」「もう復活しないみたいな」と笑いながらツッコむ。

「来年は『増』にしてほしいんですよ。そのために一回今年は『減』にしたけど」と、じつは希望に満ちた一文字であることを明かした。

■「これは予想できない」

『吉』や『闇』の斜め上を行く松本の回答に、視聴者からは「そっちか。まっちゃん、さすがです! これは予想できない」「個人名入れる人初めてじゃ…」といった驚きの声が。

また、後輩芸人の活動休止という悲しい事実を、いつ何どきも笑いに変えようとする松本と東野の姿勢に「愛だね」「みんな嬉しいだろうな」と感動の声が上がった。


■「吉」を掲げた吉本芸人は…

ちなみに吉本興業の騒動をイメージした「今年の漢字」を挙げた人物は、他にもいた。しらべぇでも既報だが、『スッキリ』(日本テレビ系)で加藤浩次が挙げたのは「吉」の文字。

「よし」ではなく「きち」であるという解説を加え、笑いを誘うなど、ここでも吉本芸人によるお笑い魂が光っていた。

多くのタレントが発表する「今年の漢字」。年の瀬だけに今後もさまざまな漢字が挙げられそうだが、松本のように、人物名を表したものはそうそう見られないのではないだろうか。


・合わせて読みたい→キンコン西野、吉本の「共同確認書」にサインせず 理由は過去の…


(文/しらべぇ編集部・清水 翔太



しらべぇ

「松本人志」をもっと詳しく

「松本人志」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ