二宮和也、結婚で「心配をかけてしまった」 ファンへの思いとタイミングの理由明かす

12月16日(月)12時4分 マイナビニュース

アイドルグループ・嵐の二宮和也が16日、都内で行われた「2020年用年賀状 受付開始セレモニー」に登場し、11月12日に発表した自身の結婚について語った。

櫻井翔とともにセレモニーに参加し、終了後に取材に応じた二宮。年賀状も夫婦連名に……という指摘には「確かにそうですね。考えてなかったけど」と苦笑する。「今回の結婚に関して、こういう報告ってどうしても突然になってしまう。ファンの人たちには心配をかけてしまったし、メンバーにも前から伝えてはいますけど、決断をすることでいろいろ迷惑をかけてしまったということは本当に申し訳なく思っています。ただこれから活動自体も続けていくわけで、約1年、変わらず頑張っていこうという思いはあります」と心境を吐露する。

結婚のタイミングについて問われると、「11月3日にありがたいことに20周年を迎えさせていただいて、そこから新しい挑戦もあって、『奉祝の儀』というあんなに大きな役もいただきまして、『JET STORM』という企画でアジア4都市に僕らの20年の感謝を伝えられたというのがそこだったので、タイミングとして。20年という区切りでもありますので、自分の決断をさせていただいたという感じです」と説明。前から事務所とも話し合い、「20年迎えたらそこにしましょうという中で、スケジュールを見ていくと、一段落つくところがそこだった」という。

メンバーの反応については「『ああ、そうですか』という感じで、それぞれ思いがありますから、そこは尊重して。馬鹿騒ぎするわけでもないですから」と語る二宮。嵐で最初の結婚になったが「誰がしたって最初になってしまうし、誰かがしたから誰かがするというわけでもないですし、それぞれタイミングがあると思ってますので、自分が第1号とかはあまり考えてなかったです」「自分のタイミングとしては、20年を超えてから。そこまではファンの人たちと一緒に、と思っていましたし、結婚したからといってそれがなくなるわけでもない。よりいっそう前を向いて頑張らなければいけないなというタイミングだった」と笑顔を見せる。

さらにメンバーが受け入れてくれたか聞かれると、「それぞれの思いはあると思います。活動(休止)まで待ってほしいという人も、コンサートツアーが終わるまで待ってほしいという人も、もちろんいます。自分もそこを歩み寄って、自分のちゃんとタイミングを報告させてもらって、『僕はこう言う決断をさせてもらいます』と言って、決断させていただいたという感じです」と明かした。

コンサート中は一切結婚の話をしなかったというが、二宮は「ファンの人たちと同じように僕らにとっても特別な場所であるから、そこで個人的なプライベートな報告をするということは、僕の判断的にないかなと。翔ちゃんの挨拶にもある通り、コンサートは我々とファンの方たちが一緒に夢を見れる空間。だからラジオで報告しました。自分ごとは自分のところで報告しようとは決めてました」と意図を語る。

最後に改めて二宮は、ファンに向けて「結婚発表に関して、どうしても突然になってしまうので、心配をおかけしたなと思っていて、本当に申し訳ないなと思っていますけど、結婚をする前と後とかではなく、ずっと変わらず、二宮和也として嵐として頑張っていきたいと思っていますし、変わらず応援していただけたらありがたいなと思います。これからもよろしくお願いいたします。キワのキワまでみんなで楽しい思い出を作っていきたい」とメッセージ。またSNSでは「#二宮和也死ぬ気で幸せになれ」というハッシュタグが作られていたことを知らされると、「ありがとうございます。そんなこと言っていただけてありがたい」と嬉しそうにしていた。

マイナビニュース

「結婚」をもっと詳しく

「結婚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ