遠いから行かない… 姿を消す遊園地、20年で約3分の2に

12月17日(日)7時0分 NEWSポストセブン

子供の娯楽の選択肢増加も遊園地減少の一因

写真を拡大

「今度の日曜日は絶対に遊園地に連れて行ってね、約束だよ!」とせがむ子供と「ウン、指切りげんまんだ」と笑う父。しかし土曜日の夜に上司から仕事を頼まれてしまい、子供を遊園地に連れて行くために奮闘する。これは、漫画『三丁目の夕日』の一コマだ。ディズニーランドもUSJも、もちろんスマホやゲームもなかったあの頃、遊園地は「日曜日の王様」だった。1980年くらいまでは、“我が心の遊園地”と呼ぶべき存在が人気を博していたのだ。


 しかし、1990年代に入ると街の遊園地は徐々に姿を消していく。日本全国の公園・テーマパーク数は、1997年の192か所から、2016年の135か所と、20年で約3分の2にまで激減。


 一方で来園者数日本一を誇る『東京ディズニーリゾート』は2016年、入園料を500円値上げしたにもかかわらず、3000万人以上が訪れ、さらに11月には3000億円を投入して2025年までに大幅に規模を拡張すると発表。勢いはとどまるところを知らない。


 東京ディズニーリゾートに次ぐ人気を誇る『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』の2016年度来園者数は1460万人。前年度と比べると5%増、3年連続で過去最高を叩き出している。


 2大テーマパーク隆盛の理由を「新鮮さと物語性にある」と指摘するのは、観光レジャーを専門とする大正大学教授の白土健氏だ。


「ディズニーランドは、乗り物の種類が豊富なうえ、いつも新しいイベントが用意されています。乗り物がメインだったこれまでの遊園地に対し、パレードやキャラクターを持ってきたのです。USJも、『ハリー・ポッター』や『ミニオン』など人気キャラクターを使って、オリジナルの世界を作っているのに加え、アトラクションでは派手に水をかけるなど、関西流のノリのよさがある。そこに行くだけで、自分も物語の中の一員になって遊ぶことができる。そんな楽しさが、大きな強みとなっています」


 さらに、フリーパス制で滞在時間を長くし、「ご飯は園内で食べよう」「おみやげも買おう」と、消費を促す工夫も多い。東京都在住の高校生の佐藤瞳さん(仮名・18才)が言う。



「私にとってのアミューズメントパークといえば、やはりディズニーランド。実際、プールがあるから、と『よみうりランド』に行ったこともあるけれど、1回で充分かな。それなりに楽しいけれど、かわいいキャラクターもインスタ映えするおしゃれスポットもあるディズニーは段違い。一歩足を踏み入れただけでテンションが上がるあの感じは、他の場所では体験できません」


 佐藤さんのように、昔ながらの遊園地に魅力を感じない子供が増えている。白土教授が解説する。


「遊園地の全盛期は、ほかに子供向けの娯楽が少なかった時代。近所の公園や学校の校庭以外に遊び場がなく、テレビでも子供向け番組が少なかったからこそ、たまに連れて行ってもらえる遊園地を楽しみにしていた。しかし今は、家の中にいても精巧な作りのゲームができるうえ、近くに子供だけで出かけられるようなゲームセンターやイベントも多い。遊園地は『楽しみに待ち焦がれて行く場所』ではなく『数ある選択肢の中の1つ』になってしまったのです」


 前出の佐藤さんも、「あえて遠い遊園地に行こうとは思いません」と断言する。


「もし、将来結婚して子供ができたとき、近くに遊園地があったら、子供を連れて散歩をしに行くかもしれませんが、それ以外はおそらく行かないでしょう。私にとって遊園地は公園と同じで、近ければ行くし、遠ければわざわざ行かない。アクセスの悪い遊園地に行かなくても、ショッピングモールも映画館も近くにあるし、そういうところの方が友達と集まるのも楽で楽しいんです」


 人気低迷に追い討ちをかけるように、園内での事故も発生している。


 大分県の『城島高原パーク』では2017年8月、44才の男性が亡くなるジェットコースターの事故が発生した。10月に運転を再開したばかりだが、やはり客足はまばらだ。よく来園していたという40代の主婦が言う。


「1992年にコースターができた当初は、『日本初の木造コースターができた』と話題になったことが蘇ります。子供だった私も母に連れて行ってとおねだりしました。子供が生まれてからも何度か一緒にジェットコースターに乗りました。でも、事故が起きてからは、やはり恐怖心があって、一度も行けていませんし、昔のいい思い出も汚れてしまった気がして残念です」


※女性セブン2018年1月1日号

NEWSポストセブン

「遊園地」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「遊園地」のニュース

BIGLOBE
トップへ