壮大な絵本の世界!インスタ映えイルミネーションスポット

12月17日(日)7時0分 NEWSポストセブン

あしかがフラワーパーク(栃木県足利市)

写真を拡大

 近頃人気の「インスタ映えスポット」だが、冬といえばやはりイルミネーションだ。そこで、思わず撮影したくなるインスタ映えするイルミネーションを紹介する。


■あしかがフラワーパーク(栃木県足利市)

住所:栃木県足利市迫間町607

開催期間:2018年2月4日まで

点灯時間:16:30〜21:00(土日祝〜21:30)


 名物『光の花の庭』は、本物の花を栽培するスタッフが施工や塗装を行なう徹底ぶり。お城と3万5000本の花のパノラマが広がる『フラワーキャッスル』も見所。


 水辺に咲く2000輪の『光の睡蓮』は、水面にも映し出されて輝き倍増。見とれるほど美しい『光のバラ園』では、5000本のバラがキラキラと咲き乱れる。バラの花びら一枚一枚のリアルさに感動すること間違いなし。



■なばなの里(三重県桑名市)

住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270

開催期間:2018年5月6日まで

点灯時間:日没〜21:00(〜22:00 ※延長営業日あり)


『なばなの里イルミネーション』に、色彩の変化によって新緑や開花を表現する『光のトンネル』“桜”が新登場。壮大なスケールで描かれるリアルさに魅せられる。


 微細な花びらが連なり、温かなあかりを灯す全長約200mの『光のトンネル』(華回廊)。最先端のLEDと巧みな技術を駆使した巨大イルミにはくまモンが登場。



■東京ドイツ村(千葉県袖ヶ浦市)

住所:千葉県袖ヶ浦市永吉419

開催期間:2018年4月8日まで

点灯時間:日没〜20:00


 この冬はグリム童話がテーマの光の世界が出現。約300万球の光でシンデレラなど絵本のモチーフが浮かび上がり、大人も子供も笑顔に。


 地上絵の中を歩いていくと、おとぎの国の植物や鳥たちがお出迎え。光の草原の散策に感動すること間違いなしだ。


 五珍しい分岐路がある国内初の元祖『虹のトンネル』は人々をメルヘンの世界へと誘う。絶好のフォトスポットは、高台にある見晴台。全体が一目で見られる。


※女性セブン2018年1月1日号

NEWSポストセブン

「インスタ映え」をもっと詳しく

「インスタ映え」のニュース

BIGLOBE
トップへ