フレディ・マーキュリーの豆知識、ダイアナ元妃も関係

12月17日(月)7時0分 NEWSポストセブン

1975年、初来日時のクイーン(Ph:Getty Images)

写真を拡大

 イギリス出身の伝説的ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45才の若さで旅立ったフレディ・マーキュリーの壮絶な生き様を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が大ヒット中。観客動員数180万人を記録(12月10日現在)で、2016年公開の『シン・ゴジラ』に匹敵する勢いだ。そこで、知っていればドヤ顔ができるフレディ・マーキュリーに関する豆知識を紹介しよう。


◆両親はインド人でゾロアスター教徒


 熱心なゾロアスター教徒のペルシャ系インド人の両親のもとに生まれたフレディ。死後は教義により、イギリスのケンザル・グリーン霊園で火葬され、その後埋葬された場所は、元婚約者のメアリー・オースティンのみが知っている。


◆恋人だったメアリーの元カレは…


 恋人としての関係が終わっても、フレディと終生近しい関係だったメアリーの最初の彼は、実はクイーンの別のメンバーだった。音楽・映画ジャーナリストの宇野維正さんはこう話す。


「映画でそう描くと、メアリーに感情移入できなくなるとの配慮だったのだと予想されますが、メアリーはフレディとつきあう前に(ギターの)ブライアン・メイとつきあっていました」


◆故・ダイアナ元妃をゲイバーに連れて行った!?


 1980年代後半、フレディは故・ダイアナ元妃をミリタリージャケットや革製の帽子、サングラスで変装させ、地元のゲイバーに連れて行った。バーには大勢の人がいたものの、彼女の正体に気づく人はいなかった。楽しいひとときを過ごしたダイアナ元妃はその後、タクシーでケンジントン宮殿へと戻っていったそうだ。


※女性セブン2019年1月1日号

NEWSポストセブン

「フレディ・マーキュリー」をもっと詳しく

「フレディ・マーキュリー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ