相川七瀬“鹿島神宮”初詣ポスターに登場 誰だか分からないほど溶け込む

12月17日(日)14時43分 Techinsight

初詣ポスターに写る相川七瀬(画像は『相川七瀬 2017年12月14日付オフィシャルブログ「鹿島神宮初詣ポスター」』のスクリーンショット)

写真を拡大

鹿島神宮の初詣ポスターに歌手の相川七瀬が起用されている。彼女が12月14日、『相川七瀬オフィシャルブログ「ヒカリノミ」』でその画像とともに「首都圏中心に色々な駅で貼られています。初詣はぜひ鹿島神宮へ」と呼びかけた。

相川七瀬と言えばデビュー曲『夢見る少女じゃいられない』(1995年)をはじめ『BREAK OUT!』『恋心』『トラブルメイカー』などのヒット曲を連発した。40代となった今も歌手として活躍しており、2015年に31枚目シングル『満月にSHOUT!』、2016年に32枚目『ACROSS』をリリースしている。

そんな彼女はスピリチュアルなことに関心が深く、自身で『セドナ 天使の町』(2008年)を出版しているほどだ。最近は神社を中心としたパワースポットに興味を持っており『神結び 日本の聖地をめぐる旅』(2014年)、『縁結び 神様が結ぶ赤い糸』(2014年)、『太陽と月の結び』(2015年)などの著書がある。

今年の5月3日に放送された深夜バラエティ番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)“趣味にハマりすぎ芸能人 第5弾”にゲスト出演した相川は、「神社を“御朱印帳”を持って巡るのが趣味」だと語って注目された。

ブログでも各地の神社を巡ったことを綴っており、今や“神社愛好家”として定着した感のある彼女に鹿島神宮からオファーがあっても不思議はない。敬虔に祈るその姿は“相川七瀬”と分からぬほど溶け込んでいるではないか。

画像は『相川七瀬 2017年12月14日付オフィシャルブログ「鹿島神宮初詣ポスター」』のスクリーンショット

Techinsight

「相川七瀬」をもっと詳しく

「相川七瀬」のニュース

BIGLOBE
トップへ