「急逝」サッチー、夫・克也が漏らしていた知られざる猛妻伝説とは?

12月19日(火)5時59分 アサ芸プラス

 12月8日、プロ野球評論家・野村克也氏の愛妻・沙知代さんが都内の病院に緊急搬送され、「虚血性心不全」で急逝した。

 歯に衣着せぬ発言でプロ野球界や芸能界で異彩を放ってきたサッチーは、これまで数々の「猛妻」ぶりを発揮し、時に監督より目立つ存在だった。ベテラン週刊誌記者はこう振り返る。

「かつて野村監督の記事を書くたび、サッチーからドスの利いた声で編集部に抗議電話があった。さんざん文句を言われ、『“ノムさん”という呼び名は商標登録だから書くな』と言いがかりまで…。ただ、ホメた内容でも抗議電話があって、見出しだけみて記事を読んでいなかった(笑)」

 おしどり夫婦として知られたが、ヤクルト時代の野村監督は、番記者との雑談で冗談交じりに“本音”を漏らすこともあった。

「たまに『尻に敷かれてるよ。別れてーな』とボヤき、『こんな生活捨てて、田舎で喫茶店でも開きたい』と口にすることすらありました。契約更改の席にもサッチーが同席して、お金は全部管理されていたから、“不貞”もできないなんて冗談っぽく言って苦笑いしていた。親しいテレビ局が突発的にインタビュー取材を頼んできた時は、サッチーに報告させずギャラを『とっ払い』でもらっていました。そしてオフは、サッチーがブッキングした講演会地獄。『オレを殺す気か』が口癖でした」(スポーツ紙デスク)

 一方で、野村氏を知る、とある球界関係者はこんな“告白”を聞いている。

「『ワシはあいつが一番いいんや。男は一人で生きていけん。あれでもいい女なんだ』と言っていた。テレビで活躍する美女が話題になった時も、『あんなの、何とも思わんよ。ワシはサッチーみたいのがいいんや』とベタぼめでした」

 在りし日のサッチーの秘話は尽きないが、球界にはまだまだ猛妻たちがいるのも事実。そんなコワイ夫人たちの知られざる言動の数々を12月19日発売の週刊アサヒ芸能12月28日号が詳細にレポートしている。

 沙知代さんに合掌──。

アサ芸プラス

「野村克也」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「野村克也」のニュース

BIGLOBE
トップへ