藤吉久美子の不倫を「クロ」と言いながら許した太川陽介のモラハラ夫疑惑を検証!

12月19日(火)0時30分 messy

とりあえず色気がすごい(藤吉久美子オフィシャルブログより)

写真を拡大

 テレビ東京系の人気番組『路線バスの旅』で若い世代にも知られるようになった俳優の太川陽介(58)の妻で女優の藤吉久美子(56)が「週刊文春」(文藝春秋)に不倫疑惑を報じられ、それぞれ単独でマスコミ向け会見をしたことが波紋を広げている。

 太川は所属事務所であるサンミュージック社内で「今回は、ウチのバカもんが軽率な行動をとってこんな騒ぎになって……」と記者会見。自宅で妻の釈明を聞き何度も「バカもん!」と叱ったそうで、「誰が聞いたってクロでしょ!?」と言いつつ、「彼女が言うので『よし分かった。信じる』と言った」「『これから大変だぞ。誰が聞いたってクロだと思うから、世間から厳しい目で見られる。だけど、僕が守るから。これで終わり』と言いました。我々の中ではそういう話になってます」「みんなが疑わしいと思っても、僕は信じる。だってカミさんだもん。離婚は僕からしないと言いました」と語った。

 当事者の藤吉は羽田空港で会見を開き、号泣しながら「私の軽率な行動でご迷惑をかけ申し訳ございません」「これからは家族3人でしっかり生きていきたい」「私はもう彼(=夫)に守ってもらわないと生きていけないので」と話した。夫へのコメントを求められると「こんな妻で申し訳ありません……」。ともかく夫婦はこの件では離婚しないという結論に至っており、いったんは火消しとなった。

 しかし一部で「心が広い」「良い夫」「漢気がある」と賞賛された太川陽介の会見への“違和感”も取り沙汰されており、騒動はまだくすぶっている。理由はモラハラ夫疑惑があるためだ。週末のワイドショー番組では各局がこの不倫騒動を取り上げたが、『ワイドナショー』(フジテレビ系)で指原莉乃が「本当に家でも(太川が)ああなのかな? という怖さはちょっとある。芸能人だから、これからのこともあるし、お互いの見え方もあるけど、家のことはわからないじゃないですか」と裏の顔を懸念。『サンデー・ジャポン』(TBS系)で西川史子は、「太川さんの会見がすごく怖いなと思った」「世の中に寝取られ男だと思われることはみっともないし、すごく怒り狂ってるはず」「その気持ちを抑えて寛容な夫を完璧に演じたというのは、妻を守るというよりも自分の体裁を守るための会見だったのでは」と推測した。

 一方、同番組ではテリー伊藤が、ダブル不倫疑惑であるため相手方の配偶者の心象を考慮して寛容な夫としての会見をしたのではないか、と憶測を示してもいる。また、能町みね子が16日のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(TBSラジオ)で、「太川さんはもちろんかわいそうなはずなんですけど、太川さんの凄い亭主関白ぶりみたいな情報を見ちゃった」ため、太川の会見が「怖くてしょうがなくて」「藤吉さんが泣いてるのも、『申し訳ありません』ってよりも怖いんじゃないかって思っちゃって」と話している。

 太川と藤吉がかつてバラエティ番組で明かしたところによると、夫婦間のルールがいろいろあるらしい。たとえば、『妻から夫へのタメ口厳禁(結婚した当初、「久美子が僕を呼び捨てにしたら、ビンタしてやりますよ」と発言)』『食事の主導権は夫、妻の食事は夫の許可制』『太川は映画鑑賞後はひとりになりたいため、妻に先に寝るよう指示』など。これらの“ルール”から、太川がひどい亭主関白ぶりで、藤吉はモラハラを受けながら耐えているのではないか、との見方がある。

 しかしここ数年、夫婦でのトーク番組出演の機会も多かったふたり。その共演トークをあらためて検証してみると、そこにモラハラの気配がどうも見当たらないのである。高圧的な太川に、怯える藤吉……という構図がそのウラにあるようには見えないのだ。



 まず2014年2月放送の『はなまるマーケット』(TBS系)トークコーナーに夫婦で出演した回。39歳で長男を出産した藤吉は、その後も軽快に仕事を続けてきた。生まれて三カ月で地方の仕事に二泊三日で旅立ち、太川は育児に奔走したという。息子は少年野球に熱中しており、太川が息子のお弁当を作っている。藤吉は洗濯物をたたまず山のように積まれた中から太川は靴下を探して履くが、もう諦めている。藤吉が「このあいだ、(太川が)別々の靴下を現場に履いて行って笑われちゃったのよね」と笑いを挟む。「私の方が妻・夫を愛している」という質問に、太川は○、藤吉は×と回答。藤吉いわく「私が愛している以上に私を愛してくれているなという実感がある」。また、プライベートで合唱にはまっている藤吉は、3つの合唱団に加入、モーツァルトの命日にレクイエムを歌うという企画でウィーン旅行したのだと興奮気味に話した。

 同年8月放送の『さんまのまんま』(フジテレビ系)も夫婦で出演。この年は結婚19年めだったが、明石家さんまに「離婚危機とかないの?」と聞かれて「離婚の危機はない、細かく僕ひとりが怒ってるみたいな」「妻は黙る、僕がウワッて言うと、知らん顔して黙ってる」と答える太川。藤吉はあっけらかんとした顔で「もうでもここまで来たら反省してもしょうがないですよね、何も変わらないじゃないですか」と言い放ち、さんまを「なぜ変えようとしないんだ、腹立つ〜」「オレ無理無理、腹立つ〜」とイラ立たせていた。さんまにしてみれば、藤吉は奔放な妻のようだ。ちなみに藤吉が夫をバカにするような場面もないが、必要以上に敬ったり敬語を遣ったりというシーンも見られない。『はなまる』も同様だった。むしろ自由で可愛い藤吉に、太川が呆れつつもゾッコン、という構図を見せようとしている。

 そして同年2月放送の『メレンゲのきもち』(日本テレビ系)には太川が単独で出演。彼は趣味を子育てだと語り、息子をいかに溺愛してきたかを明かす。妻が地方公演で1カ月留守にしたとき、息子の食事はできるかぎり手作りにこだわったという。運動会のお弁当も、藤吉が運動会当日にロケ仕事でいなかったこともあり太川が作ったそうだ。夫婦のルールは、「家事は気付いた方がやる」。文句を言わないように、汚れを見つけたら自分でやることを徹底しているが、「大体、気になるのが僕なんですよ」。特に洗濯は、「カミさんはいっぺんにドッと洗うタイプ。僕はこまめにしっかり洗いたい。僕のシャツは絶対に洗わないでと。カミさんが洗うとしわくちゃになっちゃうから自分でやる」のだという。

 こうした過去の発言から、また夫婦共演での双方の態度から、亭主関白ぶりはいまひとつ感じ取れないのだが……。ともあれこの数年、“おしどり夫婦”としての仕事がいくつも舞い込んできていたことは事実で、今回の不倫騒動が今後の夫婦共演を難しくさせてしまうことは間違いないだろう。藤吉にはその美貌で注目が集まっており、魔性のアラ還枠という新たな仕事も殺到しそうではあるが。

messy

この記事が気に入ったらいいね!しよう

疑惑をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ