『ぎぼむす』みゆき役・横溝菜帆 、川島夕空と『スカーレット』コンビでみなとみらいを満喫

12月19日(木)12時43分 Techinsight

『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』にも登場する横溝菜帆

写真を拡大

綾瀬はるか主演のTBS系火曜ドラマ『義母と娘のブルース』(2018年7月期)で、綾瀬演じる亜希子と再婚する宮本良一(竹野内豊)の娘・みゆき役を演じた横溝菜帆。子役ながら素晴らしい演技で感動を呼び一躍人気となったことが思い出される。その横溝菜帆が、9月30日より放送されているNHK連続テレビ小説『スカーレット』で子役を務めた。

主人公・川原喜美子(戸田恵梨香)の子ども時代を川島夕空、喜美子と同い年の幼なじみ・熊谷照子(大島優子)の子ども時代を横溝菜帆が演じたのだ。

横溝が12月10日にインスタで「夕空ちゃんとみなとみらいに行きました!!」と2人で遊ぶプライベートショットを投稿したところ、フォロワーから「二人とも可愛すぎ」、「仲良しだね! また、いつか2人でドラマ出てほしい♪」などの反響があった。


子役とはいえ2人とも11歳になった。特に横溝は『ぎぼむす』初回に登場した時が小3の役だったので、それからするとお姉さんになった感がある。

そんな横溝菜帆は『ぎぼむす』に出演した年の12月に公開された劇場アニメ『グリンチ』の日本語吹き替え版で声優に初挑戦、しかもメインキャストのシンディ・ルー役を演じた。

この夏には舞台『神の子どもたちはみな踊る after the quake』(7月31日〜8月16日)で沙羅役を務め、11月1日に公開された映画『ブラック校則』では佐藤勝利(Sexy Zone)演じる主人公・小野田創楽の妹・咲希役を務める活躍ぶりだ。

さらに12月16日放送のフジテレビ系『痛快TV スカッとジャパン』では、「ウソのようなホントの話“愛犬を奪った嘘つき小学生”」の再現ドラマに酒井美紀と母子役で出演した。


Twitter上では視聴者から「スカッとジャパン見てたら創楽の妹役の横溝菜帆ちゃんが出ててブラ校サントラかかっとるからもうこれはスカッとブラ校」といった『ブラック校則』に重ねる声が複数見受けられた。

また、インスタでの投稿について「きみてる子役の川島夕空ちゃんと横溝菜帆ちゃんがプライベートで仲良く遊んでるのめちゃくちゃ尊い…」、「横溝菜帆ちゃんのインスタ、ちょくちょく夕空ちゃん登場してチビてるきみコンビ見れるの嬉しい #スカーレット」といったコメントが寄せられた。

2020年1月2日に放送される『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』は連ドラから1年後という設定で、亜希子と成長したみゆきを巡るオリジナルストーリーになっており、みゆき役は主に上白石萌歌が演じる。

ただ『義母と娘のブルース』公式サイトでは「スペシャル編」のキャストに横溝菜帆の名前もあり、どのような形で登場するか期待したい。

画像2〜4枚目は『横溝菜帆 2019年12月10日付Instagram「今回は、夕空ちゃんとみなとみらいに行きました!!」、2019年12月13日付Instagram「出演情報です 12/16(月)20:00〜『痛快TV スカッとジャパン』ウソのようなホントの話スカッとに、出演させていただきます!!」、2019年10月10日付Instagram「「スカーレット」10話まで見ていただき、ありがとうございました」』のスクリーンショット

Techinsight

「みゆき」をもっと詳しく

「みゆき」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ