「これ以上太ったら命が危ない!」彦摩呂のますますの肥満ぶりに心配の声

12月20日(火)9時59分 アサ芸プラス

 12月13日放送の「わが心の大阪メロディー」(NHK)に中継レポーターとして出演した彦摩呂を心配する声が噴出している。大阪・道頓堀からの中継に彦摩呂が登場したとたんネット上では「また太った!」「人の形を失いかけてる」「特殊メイクみたい」「これ命が危ないよ!」といった声がまたたく間に多数打ち込まれたのだ。

 彦摩呂は12月8日深夜放送の「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)に出演した際、現在の体重は「120キロ」と明かし、健康状態はどこも悪くないと説明していた。

「いくら血糖値、尿酸値、血圧が正常値とは言っても、いわゆる“デブタレ”と呼ばれるホンジャマカ石塚英彦渡辺直美とは違う“不健康そうなヤバさ”が漂っています。事実は“健康”でもこの姿は心配ですね。彦摩呂は26年前、24歳の時にモデルを経てアイドルグループ『幕末塾』で芸能界デビューしたイケメンです。その後はタレントに転身し、独特な言葉を使ったグルメレポートで注目されたことから食レポの仕事が増え、現在のような巨漢へと変貌を遂げました。そろそろテレビ局側も食レポだけでなく、ダイエット企画や健康診断企画を彦摩呂に発注したほうがよさそうですよ」(キー局制作スタッフ)

 食レポの際に出された料理は「残せない。だから体重が増えるんだと思う」と言っていた彦摩呂。命あっての物種だということを忘れないでほしい。

アサ芸プラス

「彦摩呂」をもっと詳しく

「彦摩呂」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ