リブート版の最終シーズン配信開始!オリジナル版『フルハウス』の興味をそそられる舞台裏話8つ

12月20日(金)20時0分 海外ドラマboard

『フルハウス』のリブート版&続編シリーズ『フラーハウス』の最終章となるシーズン5の配信がNetflixで始まりましたね! そこで、オリジナルの放送開始から数えて32年の歴史を閉じることになる『フルハウス』について、興味をそそられる舞台裏話8つをご紹介!

『フルハウス』のエピソードに「フラーハウス」というタイトルが!

FULL HOUSE - "Stephanie's Wild Ride" - November 29, 1994. (Photo by Walt Disney Television via Getty Images Photo Archives/Walt Disney Television via Getty Images)MARY-KATE/ASHLEY OLSEN;BOB SAGET;JOHN STAMOS;LORI LOUGHLIN;DAVE COULIER

『フルハウス』のリブート版『フラーハウス』は、オリジナル版で主人公だったダニー・タナーの娘D.J.とステファニー、友達キミーを中心に描かれ、D.J.には3人の息子がいてタナー家はさらに大所帯に!

よってリブート版のタイトルが、“フルハウス”よりも人数が多いから比較級の“フラーハウス”になった訳ですが、オリジナルシリーズのシーズン4第20話で、すでに「フラーハウス」というタイトルが付けられていたのです!

ちなみに日本では、このエピソードは「レベッカの決心」と題されています。

コメディアン3人組が同居する話だった

FULL HOUSE - Cast Gallery - June 26, 1987. (Photo by Walt Disney Television via Getty Images Photo Archives/Walt Disney Television via Getty Images)JOHN STAMOS;MARY-KATE/ASHLEY OLSEN;BOB SAGET;DAVE COULIER

『フルハウス』は男やもめになったダニーが、亡き妻の弟ジェシーと親友ジョーイと一緒に娘3人を育てる話でしたが、もともとファミリーコメディになる予定ではありませんでした。

共同プロデューサーのジェフ・フランクリンが、米ABCの重役に新作ドラマのアイディアを伝えた時は、3人のスタンダップ・コメディアンが同居してドタバタを繰り広げる話だったのだそう。

ところが、ABCは家族を描くコメディ作品を求めていたためフランクリンが大幅に設定を変更し、『フルハウス』の基礎となるアイディアをピッチしたところ気に入られ、製作にこぎつけたそうです。

オーディションで泣かなかった!

FULL HOUSE - "Stephanie's Wild Ride" - November 29, 1994. (Photo by Walt Disney Television via Getty Images Photo Archives/Walt Disney Television via Getty Images)MARY-KATE/ASHLEY OLSEN;JOHN STAMOS

アメリカの公正労働基準法では未成年者の勤務時間に厳しい制限が設けられているため、映画やドラマで主要キャストとして出演する子役には通常双子が起用されます。

そして、タナー家の末娘ミシェルを演じてスターになったのが、他でもないアシュレイ&メアリー=ケイト・オルセン姉妹です。

オーディションでは計10組の双子がミシェル役に挑みましたが、いい子にしていたのはオルセン姉妹だけで、2人が全く泣かなかった点が評価されて役を獲得するに至ったのでした。

ボブ・サゲットとデイヴ・クーリエは友達同士だった!

FULL HOUSE - "On The Road Again" - November 8, 1994. (Photo by Walt Disney Television via Getty Images Photo Archives/Walt Disney Television via Getty Images)BOB SAGET;DAVE COULIER

8シーズンにわたり放送された『フルハウス』の主要キャストの多くが続編シリーズ『フラーハウス』にも続投し、本当の家族のような関係になっているようですが、その前から友人同士だったキャストがいるというのです。

それは、ダニーを演じたボブ・サゲットとジョーイ役のデイヴ・クーリエで、もともとスタンダップ・コメディアンだった2人は、『フルハウス』が放送開始された1987年よりも8年も前となる1979年から友達なのだとか。

そして、ロサンぜルスへ移ったデイヴが住む場所がなかった時に、ボブのアパートに居候していたそうで、まるで『フルハウス』を地でいくような関係だったというから面白いですよね。

エピソードのほとんどがロサンゼルスのスタジオで収録

FULL HOUSE - "Arrest Ye Merry Gentlemen" - December 13, 1994. (Photo by Walt Disney Television via Getty Images Photo Archives/Walt Disney Television via Getty Images)DAVE COULIER;MARY-KATE/ASHLEY OLSEN;JOHN STAMOS;DYLAN/BLAKE TUOMY-WILHOIT;BOB SAGET;MICKEY ROONEY;JODIE SWEETIN;MARY-KATE/ASHLEY OLSEN;CANDACE CAMERON;LORI LOUGHLIN

『フルハウス』の舞台はサンフランシスコですが、8シーズン分のエピソードのほとんどがロサンゼルスにあるワーナー・ブラザースのスタジオで撮影されました。

唯一サンフランシスコで撮影されたのがシーズン8第1話「コメットの恋路」で、その他にハワイとウォルト・ディズニー・ワールドでロケを行ったエピソードもあったそうです。

そして、ドラマの冒頭部分で毎回登場するタナー家のタウンハウスは実際にサンフランシスコに存在し、1892年に建築されて長い歴史を誇る家には寝室が5部屋あり、2014年に310万ドル(現為替で約3億4000万円)で売却されました。

ファーストキスは撮影で初体験!

UNITED STATES - SEPTEMBER 21: FULL HOUSE - Season Four - Candace Cameron gallery - 9/21/90, Candace Cameron (D.J.), (Photo by Bob D'Amico/Walt Disney Television via Getty Images)

ドラマシリーズに出演する子役は、普通のキッズ達が味わえないようなことを撮影で経験すると思いますが、D.J.役のキャンディス・キャメロン・ブレは、なんと13歳の時に『フルハウス』の撮影でファーストキスを体験!

それまでにキスの経験がなかったキャンディスは、ベッキー役のロリ・ロックリンに、キスをする時に目を閉じるべきが開けておくべきかアドバイスを仰いだというから可愛いですよね。

それにしても、一生の思い出に残るはずのファーストキスを仕事で演じなければならないとは、なかなか俳優業とは辛いものです…。

D.J.の本名は…

UNITED STATES - OCTOBER 23: FULL HOUSE - "Daddy's Home" - Season One - 1023/87, Danny (Bob Saget) introduced a father/daughter day to spend time with D.J. (Candace Cameron), Stephanie and Michelle., (Photo by Walt Disney Television via Getty Images Photo Archives/Walt Disney Television via Getty Images)

先ほどD.J.の話題が出ましたが、では“D.J.”の略が何だか答えられる人はどれぐらいいるでしょうか!?

アメリカでは、ファースト&ミドルネームを合わせてイニシャルで呼ばれる人がいますが、『フルハウス』のD.J.は“DONNA JO”の略で、フルネームはドナ・ジョー・マーガレット・タナーです。

他のドラマをクビになって『フルハウス』に出演決定!

UNITED STATES - SEPTEMBER 12: FULL HOUSE - Season Three - Gallery - 9/12/89, Pictured, from left: Jodie Sweetin (Stephanie), Bob Saget (Danny), Candace Cameron (D.J.), John Stamos (Jesse), Mary Kate/Ashley Olsen (Michelle), Dave Coulier (Joey), (Photo by Walt Disney Television via Getty Images Photo Archives/Walt Disney Television via Getty Images)

『フルハウス』でダニーを演じたボブ・サゲットは、『フラーハウス』にもゲスト出演してシリーズで欠かせない存在となっていますが、『フルハウス』のパイロット版には登場していないのです。

最初からボブはダニー役の第一候補だったのですが、彼は米CBSの『The Morning Program』というドラマに出演が決定していたため、『フルハウス』への主演が不可能になったとのこと。

フルハウス

原題:FULL HOUSE

アメリカ

more

その結果、法律ドラマ『ボストン・リーガル』などに出演しているジョン・ポージーという俳優がパイロット版でダニーを演じたのですが、ボブが『The Morning Program』をクビ(!)になり、最終的にボブがダニー役に決定してパイロッド版も撮影し直されました。

ボブが解雇された『The Morning Program』はシーズン1で打ち切りになったそうで、その代わりに8シーズンも続き、大ヒットとなった『フルハウス』に出演できて結果オーライだったと言えそうですね。

21 Fuller Facts About 'Full House' | Mental Floss

海外ドラマboard

「フルハウス」をもっと詳しく

「フルハウス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ