元日特番に出演!ショーンKの「テレビ復帰」を宮根誠司も望んでいた!?

12月22日(金)18時15分 アサジョ

 2016年3月10日号の「週刊文春」で経歴詐称が発覚し、同年4月から司会として出演予定だった報道・情報番組「ユアタイム〜あなたの時間〜」を放送開始前に降板した“ショーンK”ことショーン・マクアードル川上氏。テレビとラジオから全撤退して1年10カ月の時が経つが、ついにテレビ復帰を果たす。

 抜擢したのはTOKYO MX。特別番組「世界見聞録〜モンゴルで経済と豊かさを考える旅〜」に川上氏がナビゲーターとして出演するのだ。同番組の取材でモンゴルでの現地取材も行っている。

 川上氏の起用について、同局の関係者が話す。

「上田まりえアナや阿部哲子アナなど、MXはキー局を辞めた“ワケアリ”女子アナの再生工場なんて言われてきましたが、ショーンKはいわばその男版。学歴こそ公表していたものとの齟齬がありましたが、誰かを傷つけたとか、重大な犯罪にかかわったわけではない。業界内では勉強家の知識人として定評がありました。もし、あんなことがなければ、MXがオファーすることもできなかったでしょう。あのルックスですし、何より声がいい。これを機に復活できると信じています」

 川上氏に対しては、フリーアナウンサーの宮根誠司も18日放送の「情報ライブミヤネ屋」(日本テレビ系)で「ショーンKさん、もう全然出てきていいと思うけどな」などと語っていた。川上氏本人は「全方位のメディア活動を積極的に行う意思はない」とのことだが、案外早いうちに「ミヤネ屋」への出演があるのかもしれない。

アサジョ

「ショーンK」をもっと詳しく

「ショーンK」のニュース

BIGLOBE
トップへ