声優・緒方恵美のツイートが物議 「行けないけど応援している」はNG?

12月22日(火)17時55分 BIGLOBEニュース編集部

声優・緒方恵美のツイートが物議 「行けないけど応援している」はNG?/画像は緒方恵美さんのTwitter

写真を拡大

エヴァンゲリオンの碇シンジ役などで知られる声優の緒方恵美さんが、ライブなどのイベントに「行けないけど応援している」というコメントはアーティスト本人に伝えるべきでない、などといった内容のツイートを引用し「ありがとう…!」と投稿した。この緒方さんのツイートが波紋を広げている。


緒方さんが引用したツイートは、ライブの遠征や追っかけをしている人物のもの。その内容は、イベントに行けないファンの「行けませんが頑張って下さい」「遠くから応援しています」という言葉は、アーティスト本人に伝えるべきではないというものや、チケットや音源、物販を買うのは「お布施」として必要で気持ちだけの応援は無意味だと書かれたもの。Twitterでは、これらの内容を引用し「ありがとう」と記した緒方さんに賛否の声が寄せられている。


■否定派の意見
「仕事があってイベントいけない家の事情でいけない。金がなくていけない人だって応援してる人だよ?行ける人が正義なの?」
「『行けないけど、応援したい』という純粋な気持ちを否定するのは、アーティストという、夢を売る商売人として、かなりの失言なのでは?」
「行けなくても、そのイベントが安全に終わるよう遠くから祈ること、応援することはいけないことなのでしょうか。正直ショックです」


■賛成派の意見
「『行けない』ってのは、自分の状況をアーティストに報告しているだけであって、その言葉そのものは応援メッセージではないよな。行かない報告より、CDの感想を送ったほうが気持ち伝わるんじゃないかな」
「緒方さんだけではなく、声優の諏訪部順一さんも同じように、行けないけど頑張ってくださいと言われると悲しいとおっしゃっていました」
「これはもう『アーティストの心情としてはそういうもの』だと広く周知された方がいいかも知れませんね」


これらの反響を受け、緒方さんはこの後2時間半にわたってツイートを重ねた。「『お金をださなければ何も言うな』というのではないですよ。応援の気持ちは嬉しい。だけど、来れないとわざわざ言われるのは、とてもさみしいということをわかってもらえたら…」と理解を求めた。さらに、「ライブに遠征するには、越えなければならないことがある。それを越えてきてくれている人に、ありがとうと伝えることで、『乗り越えることの歓び』や自分もと思ってくれる人がいたらいいな」という思いを伝えたかったと説明した。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「声優」をもっと詳しく

「声優」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ