戦後ジャズ発祥とされる横須賀でPOP UP STORE『BLUE NOTE RECORDS YOKOSUKA』オープン!

12月22日(火)12時34分 Rooftop

unnamed.png
株式会社ヒューマックスシネマは、2021年1月23日(土)、ジャズの名門レーベル、BLUE NOTE(ブルーノート)の常設POP UP STORE『BLUE NOTE RECORDS YOKOSUKA』を、ユニバーサル ミュージック合同会社監修・株式会社アイ・シー・エージェンシー協力のもと、横須賀HUMAXシネマズに日本で初めてオープンする。

横須賀HUMAXシネマズは、「戦後ジャズ発祥の地」とされる地域の特性を生かし、ジャズのように、自由な、枠にとらわれない映画館を目指して2020年6月にリニューアルオープンをした。今回の『BLUE NOTE RECORDS YOKOSUKA』オープンを通して、横須賀の歴史と共にあるジャズと横須賀の街を、改めて劇場より盛り上げていく。

『BLUE NOTE RECORDS YOKOSUKA』POP UP STORE

【オープン日】2021年1月23日(土)
【販売物】ブルーノート・レーベルの作品を中心に、名盤や新作、楽器やシーンなどの各種テーマに沿ってセレクトされたCDを、特製ラックに常時30枚ほど面出し陳列、販売を行います。ラック下部の物販棚には、公式グッズや輸入アナログ盤なども陳列、販売を行なう。(*『BLUE NOTE RECORDS YOKOSUKA』の営業日・営業時間は横須賀HUMAXシネマズのショップ営業時間に準じる)

また、横須賀HUMAXシネマズが誇る、映画館としては世界初導入の音響システムd&b Soundscape(*1)を有したMovive theater(*2)にてオープニングイベントを開催。2014年に日本人アーティストとして初めてUSブルーノート・レーベルと契約しアルバムを発表したトランペット奏者、黒田 卓也のスペシャル・ライブと数々の傑作を世に送り出し、世界中の音楽ファンを魅了し続けるジャズレーベル、ブルーノート・レコード設立80周年を記念して製作されたドキュメンタリー、「ブルーノート・レコード ジャズを超えて」の上映を行なう。NYで活躍されている本場のアーティストが生み出すブルーノート・レコードの名曲をMovive theaterのd&b Soundscapeで楽しもう。

unnamed-1.png

(*1) d&b Soundscape
アーティストとオーディエンスの両者にとって理想的な音場を提供する、究極のイマーシブ・サウンド・プラットフォーム。映画館で常設しているのは世界でも横須賀HUMAXシネマズのみ。

(*2) Movive theater
d&b audiotechnikのハイスペックスピーカーと次世代音響システム「d&b Soundscape」を導入し、映画上映だけにとどまらずマルチな劇場として設計。映画では従来のシネマスピーカーとはひと味違った高品質なサウンドを。音楽・演劇・e-sportsなど、「ライブ」のイベントでは、ハイスペックスピーカー+d&b Soundscapeを使用し映画館では出せない音響をお届け。

Rooftop

「ジャズ」をもっと詳しく

「ジャズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ