お笑い芸人の未来とは…? キングコング・西野亮廣の見据える先は…

12月22日(日)20時0分 TOKYO FM+

放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し、勝手に企画を提案していくTOKYO FMの番組「空想メディア」。12月15日(日)の放送では、先週に引き続き、お笑いコンビ・キングコング 西野亮廣さんが登場しました。


(左から)西野亮廣さん、高須光聖


◆“お喋り”と何を掛け算するか
高須:来年以降の芸人は、どうなっていくの? みんなどこに進んで行っているの?

西野:(笑)。

高須:テレビには正直、進みづらいでしょう?

西野:進みづらいですね。

高須:一生懸命はやるだろうけど、(テレビに)呼んでもらえるかどうかを待つしかないしね。指名を待つのは嫌だから、自分でインターネットに配信するじゃない。それってやっぱり増えていく?

西野:YouTube芸人はもちろん増えると思うんですけど、そのぶん取り分も小さくなるんで。

高須:梶くん(キングコング・梶原雄太)がYouTubeで頑張ったのはすごいと思うけど、これってみんなが簡単にできることじゃないと思うんよね。相当なエネルギーがいるし、心がすり減っていくと思う。疲れを感じず、好きなことを継続して発信できたらいいと思うけど、そうじゃなければ難しいよね。どうする? 芸人は大変やね。

西野:やっぱり芸人は、お喋りの能力があるわけですから。“お喋り×教育”なのか、“お喋り×絵本”なのか、“お喋り×伝統工芸”なのか……何を掛け算するかですね。

高須:その何かを見つけるのは、大変なことやね。何をやりだすんやろうね、芸人さんたちって。

西野:頭の使い方としては、アートは近いと思いますけどね。「どうやって切り取ったら面白く見てもらえるだろう」っていう作業が。恥ずかしがらずにアートをやる。照れないで、ガッチリやる。

高須:芸人がコントで憑依するように、“なりきって”やるんやね。

西野:芸人とアートは、相性がいいと思います。

◆ブロードウェイの舞台進出を
西野:オンラインサロンのなかでですね、いまブロードウェイ・ミュージカルを狙っているんですよ。

高須:狙えるのではないかと。

西野:はい。毎年ブロードウェイに行っているんですけど、「すごい」っていう悔しさを味わうんです。

高須:ショービジネスとして?

西野:はい。素晴らしいと感じることもあれば、「これだったら自分で再現できる。ただ僕が仕掛けていないだけ。これぐらいだったらいけるけど、現状やれていない」ってことに悔しくなってきて。既存の競争に挑戦することってあまりないんですが、ブロードウェイに関しては仕掛けてみたいなって思っています。

高須:舞台が好きなんやね。舞台の仕掛けとか構成とか内容とかを全部作るってこと?

西野:そうです。それを、来年は力を入れていきたいですね。最終的に、ブロードウェイに(僕が)劇場を作ったら面白くないですか?

高須:すごいね。ブロードウェイは、俺の考えには全然ないな。面白いねえ。

◆西野の活躍は「高須さんのおかげ」?
高須:今、西野を注目していない人っていないんじゃない?

西野:そんなことないですって。

高須:ほんとに。西野が思っている以上に、興味を持たれている存在に、年々なっていると思う。

西野:高須さんのおかげですよ。

高須:あなたの手帳に「高須さんのおかげ」って、ちゃんと書いてよ(笑)。

西野:(笑)。高須さんが昔、「西野、いいよ」って言ってくださったとき、周りの反応はよくなかったんですよね。

高須:よくなかったし、ある芸人とはそのことで喧嘩になったからね。ほんとに西野はすごかったから。

西野:(笑)。書きます、自分の手帳に。「高須さん(のおかげ)です」って。

高須:それさえ書いてもらったら、満足やわ(笑)。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年12月23日(月)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
タイトル:空想メディア
放送日時:毎週日曜 25:00〜25:29
パーソナリティ:高須光聖
番組公式Facebook:https://www.facebook.com/QUUSOOMEDIA/

TOKYO FM+

「キングコング」をもっと詳しく

「キングコング」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ