サンタコスチュームの畠中祐さんが梶裕貴さん、宮野真守さんら声優陣へのクリスマスプレゼント!「『甲鉄城のカバネリ』総集編 前編 プレミアム上映会」舞台挨拶レポート

12月23日(金)13時0分 アニメイトタイムズ

 2016年12月22日(木)、新宿ピカデリーにて、「『甲鉄城のカバネリ』総集編 前編 プレミアム上映会」が開催されました! 本作は4月〜6月までフジテレビ“ノイタミナ”枠で放送された『甲鉄城のカバネリ』の総集編となっており、12月31日(土)より前編の、2017年1月7日(土)より後編の公開が決定しています。

 クリスマス直前のタイミングでおこなわれた今回の完成披露プレミアム上映会では、上映後にメインキャストである、畠中祐さん、千本木彩花さん、内田真礼さん、増田俊樹さん、梶裕貴さん、宮野真守さんら声優陣を招いての舞台挨拶も行われました。今回は、そんな舞台挨拶の模様をお届けしたいと思います。カバネリ尽くしの1年でした!
 今回の舞台挨拶は12月31日(土)より前編が公開となる『甲鉄城のカバネリ』総集編
の完成披露上映会後に行われました。会場に集った大勢のファンに感謝の気持ちを伝えるため、MCの呼び込みで千本木さん、内田さん、増田さん、梶さん、宮野さんらキャスト陣が登場……と思いきや、主人公・生駒役を務めた畠中さんの姿だけありません。

 会場がざわついていると、突如この時期を代表した「We wish a merry christmas」の音楽が響いたかと思うと、サンタ帽にクリスマス服を装備した畠中さんが遅れて登場。まさかの姿にお客さんたちの歓声が飛び交いました。 全員の挨拶が済んだところで、サンタコスの畠中さんから、キャストがそれぞれ演じたキャラクターに縁のあるアイテムとして、千本木さんには無名が好きだということでお米(コシヒカリ)、内田さんには菖蒲が何度も食べたいと言っていたお饅頭、増田さんには7話で印象的だった笹の葉と短冊、梶さんには“器だけになっちゃった”という意味深な理由からメガネケース、そして宮野さんには生駒の愛が詰まったハートのクッションがプレゼントされます。みなさんのプレゼントを片手に、作品の思い出を語り合いました。

 プレゼントはキャストだけではなく、会場やライブビューイングのお客さんにも用意されていました。それが先日発表となった、『甲鉄城のカバネリ』新作制作決定のアナウンス。「また甲鉄城のみんなに会えるとのが凄く嬉しいです」と畠中さん、「気持ちも心も成長した無名がこの先どう周りと絡んでいくのか楽しみです」と千本木さん、「新作としてこの世界がどう描かれるのか期待でいっぱいです」と内田さん、「たくさん苦労して作り上げた作品だったのでその気持ちを新作にもぶつけたいです」と増田さんが、作品に対する愛情を語ります。 そんな中、本編をご覧になった方ならわかる“やんごとなき事情”で新作への出演が危ぶまれている梶さんと宮野さん。梶さんは「出来ることならもう一度、逞生として新しい台詞を喋れたら良いなと思います」としみじみと語ります。一方の宮野さんは「まだ諦めてませんよ。あの人なら出れんじゃないですかね(笑)」と話し、会場から拍手が上がりました。 キャストがキャラクターになりきって撮影されたグラビアが掲載されている豪華パンフレットなど、公開中限定商品の告知などでひとしきり盛り上がった後、舞台挨拶は終了の時間となりました。キャスト一同から「みなさんの応援があったからこそ」と、総集編として映画公開にまでこぎつけることができた感謝と新作に向けた気持ちを込めた別れの言葉、そして畠中さんから「今年1年たくさんの経験をさせていただけたカバネリが、こうして劇場でもう一度見られるということで、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。一人でも多くの方にこの作品の良さを届けられたら良いなと思っています」と締めの挨拶をいただき、舞台挨拶は幕を下ろしました。

 『甲鉄城のカバネリ』総集編は、前編が2016年12月31日(土)、後編が1月7日(土)から公開となります。2016年を最高に熱くした作品で年末年始を過ごしてみてはいかがでしょうか。

[取材・文・写真/原直輝]

『甲鉄城のカバネリ』総集編 劇場公開情報
前編「集う光」2016年12月31日(土)より2週間限定全国ロードショー
後編「燃える命」2017年 1月7日(土)より2週間限定全国ロードショー
配給:松竹メディア事業部

>>http://www.kabaneri.com/ (『甲鉄城のカバネリ』公式サイト)
>>https://twitter.com/anime_kabaneri (『甲鉄城のカバネリ』公式ツイッター(@anime_kabaneri))

アニメイトタイムズ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

舞台挨拶をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ