月9『SUITS』、2桁視聴率獲得も「満足度は最低」だった理由

12月23日(日)7時0分 NEWSポストセブン

『SUITS』に主演した織田裕二

写真を拡大

 不振が続いていたフジテレビの看板枠“月9”が息を吹き返した。昨年10月期の篠原涼子主演『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』から3期連続で平均視聴率一桁だったのだが、今年7月期の沢村一樹主演『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』と先日最終回を迎えた織田裕二主演の『SUITS/スーツ』の平均がそれぞれ10.6%、10.8%と2クール連続で二桁視聴率を獲得した。振り返ると“月9”での2クール連続二桁視聴率獲得は、2015年10月期の石原さとみ主演『5→9〜私に恋したお坊さん〜』以来3年ぶりで、ようやく不調だった流れを食い止めた形だ。だが、視聴者の“満足度”という点で見ると少し様子が変わってくる。


◇『SUITS/スーツ』満足度はクールワースト…その要因


 テレビの視聴状況を独自に調査している「テレビ視聴しつ」によると、『SUITS/スーツ』の満足度(10月、11月の2か月平均)は、10月スタートのゴールデン&プライム帯ドラマ15作品中ワーストの3.62(最高評価は5.0)。しかも回を追うごとにファン視聴者は増える傾向にあるため満足度は上がっていく作品が多い中、10月から11月にかけて3.65から3.59と数値を落としており、好調だった視聴率とは違った結果となった。(※10月から11月で満足度を下げたのは、『相棒』『リーガルV』『科捜研の女』と合わせて4作品のみ)


 その満足度を下げた要因の1つが“10代の評価”だ。視聴層別に満足度を見ると10代からの評価は3.81とワーストで、同位でワースト2位だった『獣になれない私たち』と『中学聖日記』の3.99と比べてもその差は大きい。10代トップだった『今日から俺は‼』の4.57(10代の90%が満足度4以上)という高数値からもわかるように10代は評価を高くつける傾向にある。そのため『SUITS/スーツ』に対する10代の評価はかなり厳しかったと言っていいだろう。


 ではどのような厳しい評価があったのだろうか。10代視聴者の感想を見ると、


「真面目な話だったので見るのが面倒」(16歳女性)

「内容があまり入ってきにくい」(19歳女性)

「テンポが悪い」(19歳女性)

「かっこつけすぎ」(18歳男性)」


 など、内容の難しさや演出への指摘が多かった。このドラマの特徴は、原作のアメリカ版を踏襲したスタイリッシュな映像と大人たちのウィットに富んだ会話劇で、その中で通常のドラマであれば2話〜3話かけて解決するような複雑な案件も大げさに煽らずスマートに解決していくという日本のドラマにはなかったテイスト。だがそのことが10代の視聴者にとっては難解さやテンポの悪さにつながり、嫌みに感じてしまったようだ。


 またこんな意見もあった。


「若い世代としては、昔流行ったドラマのコンビだろうと知らないわけだから面白くない。月9がどんどん変に視聴率をとりにいっていて、すごく残念」(18歳女性)


 織田裕二と鈴木保奈美の共演が『東京ラブストーリー』以来という大々的な触れ込みは、それらを見ていた世代には刺さるPRで視聴率に貢献した部分もあっただろう。だが、それを知らない世代にとっては世代間の隔たりを感じてしまい素直に楽しめなかった視聴者もいたようだ。


◇10代でも“月9”というブランドイメージ?



“月9がどんどん変に視聴率をとりにいっていて残念”という意見は、裏を返せば往年の作品を知らない世代であっても“月9”に対するイメージを強く持っており、月9にはこうであってほしいという願望があるということだろう。そのイメージや願望とは、視聴率がとれなくなった以降も恋愛ドラマを主流にしてきたことや、恋愛ものでなくても若い視聴者の感性を刺激する作品を制作しつづけてきたからこそ築けた他のドラマにはない“特別感”だろう。


 前作の『絶対零度』や『SUITS/スーツ』は確かに視聴率では回復したが、その“特別感”はあまり感じなかった。それは恋愛ものではなく最近の流行で視聴率を獲得しやすい刑事や弁護士を主人公にした“事件解決もの”だったことによるものも大きいが、同じく月9で“事件解決もの”だった木村拓哉主演『HERO』や大野智主演『鍵のかかった部屋』などの作品と比べると、“個性豊かなキャラクターに囲まれる木村拓哉”というキャスティングの意外性や、EDM系の音楽をド派手にかけるなどの演出面の工夫といった、若い視聴者の感性を刺激するエッセンスが少なかったからだ。


 先に述べたように織田裕二×鈴木保奈美というキャスティングは過去を知っているからこそであり、演出面においても海外ドラマをそのまま踏襲するだけではない日本ならではのオリジナリティがあれば若い視聴者はもちろん、視聴者全体の満足感を高めることができたのではないだろうか。


 次の月9は錦戸亮主演の『トレース〜科捜研の男〜』とまたしても“事件解決もの”。だが制作陣は先の『鍵のかかった部屋』のチームだ。視聴率を獲得しやすい“事件解決もの”を軸としながらも、若者の感性を刺激する演出がふんだんに盛り込まれた良い意味で月9らしい作品になっていることを期待したい。



【大石庸平・おおいしようへい】

株式会社eight社が行っているテレビの視聴状況を独自に調査する「テレビ視聴しつ」室長。 “視聴率”や“視聴満足度”をもとに日々テレビ番組を研究している。放送局への番組レポート提供の他、データを使った番組評記事もウェブにて展開中。仕事とは関係なくテレビが大好きで、特にドラマに詳しいドラママニア。内容はもちろん脚本・監督・音楽などスタッフ情報に精通している。

NEWSポストセブン

「月9」をもっと詳しく

「月9」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ