葉月(lynch.)、単独公演『奏艶』で艶美かつ紳士的なステージを展開

12月24日(日)13時0分 OKMusic

(OKMusic)

写真を拡大



lynch.のボーカル 葉月による単独公演『奏艶』が12月23日(土)品川インターシティで開催された。タキシード姿で登場した葉月は“ようこそいらっしゃいました"と深くお辞儀をすると、「奏艶」のために書き下ろしたオリジナル曲「軽蔑」や、「THIS COMA」「ETERNITY」などlynch.楽曲のアレンジバージョンの他、元ちとせ「ワダツミの木」、L'Arc〜en〜Ciel「夏の憂鬱[time to say good-bye]」、B'z「RING」などのカバー曲を披露した。

グランドピアノと7名のストリングス、そして艶やかなシャンデリアといったクラシカルなステージ。フロアにはドレスアップしているファンも多く見られた。ライブの終盤で葉月は“今日はいつものバンドメンバーがいないから少し寂しいな。こうやってソロをやることで分かりますね。心強いんだなって。これは「葉月」というボーカリストの修行です。楽しいですけど(笑)"と話した。オールスタンディングで激しいライブを繰り広げるバンド・lynch.とはまた違う、艶美で紳士的なステージであった。

lynch.は大晦日12月31日(日)に地元・名古屋であるZepp Nagoyaで『lynch.COUNTDOWN LIVE「2017-2018」』の開催を控えており、オープニングアクトに「とにかく明るい土屋」と「pynch.」の出演が決定している。年末は『ROTTENGRAFFTY presents ポルノ超特急 2017』と『20TH ANNIVERSARY MUCC祭「えん7 FINAL」in武道館』にも出演。2018年3月11日(日)には幕張メッセ国際展示場でワンマンライブ『13th ANNIVERSARY -XIII GALLOWS-』を開催する。

Photo by:土屋良太
Text by:羽村萌

【セットリスト】
■1部
M1.軽蔑
M2.THIS COMA
M3.KAREIDO
M4.ミウ(BUCK-TICK)
M5.ワダツミの木(元ちとせ)
M6.RING(B'z)
M7.くちづけ(黒夢
M8.Ray(LUNA SEA
M9.夏の憂鬱[time to say good-bye](L'Arc〜en〜Ciel)
M10.MELANCHOLIC
M11.PHOENIX
M12.ETERNITY
■2部
M1.PHOENIX
M2.THIS COMA
M3.軽蔑
M4.密室(BUCK-TICK)
M5.ワダツミの木(元ちとせ)
M6.RING(B'z)
M7.MOTHER(LUNA SEA)
M8.至上のゆりかご(黒夢)
M9.夏の憂鬱[time to say good-bye](L'Arc〜en〜Ciel)
M10.PHANTOM
M11.KAREIDO
M12.ETERNITY

【ライブ情報】

『lynch.COUNTDOWN LIVE「2017-2018」』
12月31日(日) Zepp Nagoya
22:00/23:00(終演予定 26:00)

OKMusic

「紳士」をもっと詳しく

「紳士」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ